>   >   > 【山地まり】が語る男女のエロ比較
第1特集
現役グラドルが“男性向けエロ”と“女性向けエロ”を考察

男性向けグラビアvs女性向けグラビアの“差異”とは? Fカップ美乳【山地まり】男女のエロを徹底考察!

+お気に入りに追加

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

――グラビアといえば男性だけのものだった時代はとうに過ぎ去り、最近では女性誌での「女性向け」エログラビアを見かけることも珍しくなくなった。そこで、グラビアでも大活躍中の山地まりちゃんに、それぞれのグラビアを演じ分けていただいた!

1708_170707yamaji0295_520.jpg
(写真/角田修一)

 グラビアにおけるエロティシズムといえば、男性向け雑誌のグラビアが思い出されるが、最近では雑誌「an・an」(マガジンハウス)の「セックス特集」に見られるような“女性向けグラビア”も珍しいものではなくなってきた。そこで本企画では、グラビアの世界で大活躍中の山地まりちゃんに、前半では「男性向けグラビア」を、後半では「女性向けグラビア」を演じ分けてもらいました。

 まずは、まりちゃんにとっては“主戦場”である男性向けグラビアから。

「男性向けのグラビアは、いろいろ妄想するためのものですよね。1枚の写真で終わるものではなくて、その先にあるストーリーを楽しんでるのでは」

 そういった男性の妄想をかき立てるため、撮影される際に努力していることはありますか?

「いい表情を作ろうと頑張っても、出来上がったグラビアを見ると『実際はこんな表情をしてたんだ?』ということも多い。結局、一生懸命表情を作るより、カメラマンさんや編集さんに任せて指示通りに動いたほうが、リラックスできていいのかもしれないですね。ほら、男性って“スキ”がある表情が好きじゃないですか。受け身なくらいで撮影したほうが、“スキ”が出て妄想しやすい写真になるのかなって」

 男性向けのグラビアでは、バストやヒップといった体のパーツを強調したポーズも多いけど、大変そうですよね。

「無理な体勢のポーズも多いから、撮影後の筋肉痛は“グラドルあるある”だと思います。あと、男性向けグラビアだと、毛穴や鳥肌も修正せずにバッチリ写ったまま掲載されることも多い。女性としては恥ずかしいけど、男性の皆さんは、そこがいいんですよね」

1708_170707yamachi0074_520.jpg
(写真/角田修一)

 一方「an・an」など女性誌のグラビアでは、全体的にオシャレな雰囲気に包まれています。

「男性は女性のボディ中心に見ていると思うんですけど、女性はページ全体を見ているんですよ。『水着もかわいいしメイクもかわいいし、アクセサリーも可愛いし』って、いろんなところを楽しんでるんです」

 そんななかにじみ出てくる、女性向けのエロティシズムってどんなもの?

「男性向けグラビアでやるとちょっと過激すぎるようなポーズでも、女性誌の“オシャカワ”な雰囲気で撮ると、そんなにいやらしくないから、意外といけちゃったりするんですよね。だから、実は女性向けグラビアのほうが、すごくナマナマしい気がします」

 確かに女性誌のグラビアでは、「人気アイドルがいきなり手ブラ!」なんてこともありますね。

「女性向けグラビアのエロスって、女性が憧れるエロスなんだと思うんです。『こういう体形になりたいな』っていう気持ちもあるし、『今度カレにこんな姿を見せてみようかな』みたいなことを考えている人も多いと思います。女性はたぶん、自分を投影しながらグラビアを見ているんですよね」

 男性向け、女性向けを問わず、グラビアを見るのが大好きだと語るまりちゃん。モデルさんの体のどのへんに目が行きますか?

「肌と体の曲線、太ももの隙間とかですね。あと個人的には、“ジュワッ”としている女性にはエロスを感じます。潤いというか質感というか。肌でも唇でも、保湿するだけで女性は結構エロくなりますよ」

 ちなみに、グラビアで多くの男性たちを魅了するテクニックは、リアルな生活のモテにはつながってますか?

「それが全然モテないんですよ! グラビアって過酷な撮影も多いし、カメラマンさんの要求にいかに応えるかっていう戦いでもありますし、仕上がりの写真はエロくても、現場はまったくエロくない。プライベートには役立たないんです。たぶん女性向けグラビアなら、ずっと『かわいいね、かわいいね』って言われ続けて撮影するから、そっちのほうがモテるのかも(笑)」

 被写体として男性向けグラビアを頑張ったからといって、男性にモテるわけではないというこの矛盾。うーむ、グラビアのエロティシズムって難しいですね!

(スタイリング/丸本達彦)
(ヘア・メイク/MEGURO)
(文/相羽 真)

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

山地まり(やまち・まり)
1994年6月25日、東京都生まれ。12年、「週刊プレイボーイ」(集英社)巻頭グラビアにてデビュー。翌年4月にドラマ『35歳の高校生』(日本テレビ系)で女優デビュー。以降、雑誌グラビアやドラマ、映画、バラエティ等で活躍。現在、MBSラジオ『オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』9期生レギュラーとして出演中。また出演映画『咲~saki~』DVD&Blu-rayがVAPより絶賛発売中!

[衣装協力]水着(2万7000円)/LENNY NIEMEYER(fruits de mer) [連絡先]fruits de mer/0467-22-2277

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

インタビュー

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』