サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > 【山地まり】が語る男女のエロ比較
第1特集
現役グラドルが“男性向けエロ”と“女性向けエロ”を考察

男性向けグラビアvs女性向けグラビアの“差異”とは? Fカップ美乳【山地まり】男女のエロを徹底考察!

+お気に入りに追加

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

――グラビアといえば男性だけのものだった時代はとうに過ぎ去り、最近では女性誌での「女性向け」エログラビアを見かけることも珍しくなくなった。そこで、グラビアでも大活躍中の山地まりちゃんに、それぞれのグラビアを演じ分けていただいた!

1708_170707yamaji0295_520.jpg
(写真/角田修一)

 グラビアにおけるエロティシズムといえば、男性向け雑誌のグラビアが思い出されるが、最近では雑誌「an・an」(マガジンハウス)の「セックス特集」に見られるような“女性向けグラビア”も珍しいものではなくなってきた。そこで本企画では、グラビアの世界で大活躍中の山地まりちゃんに、前半では「男性向けグラビア」を、後半では「女性向けグラビア」を演じ分けてもらいました。

 まずは、まりちゃんにとっては“主戦場”である男性向けグラビアから。

「男性向けのグラビアは、いろいろ妄想するためのものですよね。1枚の写真で終わるものではなくて、その先にあるストーリーを楽しんでるのでは」

 そういった男性の妄想をかき立てるため、撮影される際に努力していることはありますか?

「いい表情を作ろうと頑張っても、出来上がったグラビアを見ると『実際はこんな表情をしてたんだ?』ということも多い。結局、一生懸命表情を作るより、カメラマンさんや編集さんに任せて指示通りに動いたほうが、リラックスできていいのかもしれないですね。ほら、男性って“スキ”がある表情が好きじゃないですか。受け身なくらいで撮影したほうが、“スキ”が出て妄想しやすい写真になるのかなって」

 男性向けのグラビアでは、バストやヒップといった体のパーツを強調したポーズも多いけど、大変そうですよね。

「無理な体勢のポーズも多いから、撮影後の筋肉痛は“グラドルあるある”だと思います。あと、男性向けグラビアだと、毛穴や鳥肌も修正せずにバッチリ写ったまま掲載されることも多い。女性としては恥ずかしいけど、男性の皆さんは、そこがいいんですよね」

1708_170707yamachi0074_520.jpg
(写真/角田修一)

 一方「an・an」など女性誌のグラビアでは、全体的にオシャレな雰囲気に包まれています。

「男性は女性のボディ中心に見ていると思うんですけど、女性はページ全体を見ているんですよ。『水着もかわいいしメイクもかわいいし、アクセサリーも可愛いし』って、いろんなところを楽しんでるんです」

 そんななかにじみ出てくる、女性向けのエロティシズムってどんなもの?

「男性向けグラビアでやるとちょっと過激すぎるようなポーズでも、女性誌の“オシャカワ”な雰囲気で撮ると、そんなにいやらしくないから、意外といけちゃったりするんですよね。だから、実は女性向けグラビアのほうが、すごくナマナマしい気がします」

 確かに女性誌のグラビアでは、「人気アイドルがいきなり手ブラ!」なんてこともありますね。

「女性向けグラビアのエロスって、女性が憧れるエロスなんだと思うんです。『こういう体形になりたいな』っていう気持ちもあるし、『今度カレにこんな姿を見せてみようかな』みたいなことを考えている人も多いと思います。女性はたぶん、自分を投影しながらグラビアを見ているんですよね」

 男性向け、女性向けを問わず、グラビアを見るのが大好きだと語るまりちゃん。モデルさんの体のどのへんに目が行きますか?

「肌と体の曲線、太ももの隙間とかですね。あと個人的には、“ジュワッ”としている女性にはエロスを感じます。潤いというか質感というか。肌でも唇でも、保湿するだけで女性は結構エロくなりますよ」

 ちなみに、グラビアで多くの男性たちを魅了するテクニックは、リアルな生活のモテにはつながってますか?

「それが全然モテないんですよ! グラビアって過酷な撮影も多いし、カメラマンさんの要求にいかに応えるかっていう戦いでもありますし、仕上がりの写真はエロくても、現場はまったくエロくない。プライベートには役立たないんです。たぶん女性向けグラビアなら、ずっと『かわいいね、かわいいね』って言われ続けて撮影するから、そっちのほうがモテるのかも(笑)」

 被写体として男性向けグラビアを頑張ったからといって、男性にモテるわけではないというこの矛盾。うーむ、グラビアのエロティシズムって難しいですね!

(スタイリング/丸本達彦)
(ヘア・メイク/MEGURO)
(文/相羽 真)

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

山地まり(やまち・まり)
1994年6月25日、東京都生まれ。12年、「週刊プレイボーイ」(集英社)巻頭グラビアにてデビュー。翌年4月にドラマ『35歳の高校生』(日本テレビ系)で女優デビュー。以降、雑誌グラビアやドラマ、映画、バラエティ等で活躍。現在、MBSラジオ『オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』9期生レギュラーとして出演中。また出演映画『咲~saki~』DVD&Blu-rayがVAPより絶賛発売中!

[衣装協力]水着(2万7000円)/LENNY NIEMEYER(fruits de mer) [連絡先]fruits de mer/0467-22-2277

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』