>   >   > マガジンハウス産オシャレ雑誌のヒミツ【1】/【マガジンハウス】のダサい内情
第1特集
マガジンハウス産オシャレ雑誌のヒミツ【1】

「BRUTUS」「GINZA」ほかオシャレ雑誌の裏側とは?「POPEYE」がまた路線変更!? マガジンハウスのダサい内情

+お気に入りに追加

――マガジンハウスが刊行する「BRUTUS」「POPEYE」「GINZA」「& Premium」といった雑誌は、オシャレなイメージがつきまとい、スカしたカフェや美容院に置かれていたりする。だが、編集の裏側は必ずしもイケてるわけではなく、しょっぱい現実が横たわっている!? これらの雑誌のトホホな内情を暴きたい。

「BRUTUS」「GINZA」ほかオシャレ雑誌の裏側とは?「POPEYE」がまた路線変更!?マガジンハウスのダサい内情の画像1
数年前、ベースボールキャップにチェスターコート、ニューバランスのスニーカーといった姿のシティボーイを街にあふれさせた「POPEYE」。最近は、ビッグシルエットの流行に乗って、こんなスタイリングを提唱しているらしい。

 その名の通り、日本の雑誌業界を牽引してきたマガジンハウス(以下、マガハ)。同社の雑誌といえば、“オシャレ”というのが一般的なイメージだろう。美容院に行けば「BRUTUS」「GINZA」が常備され、気取ったカフェには「& Premium」のバックナンバーが揃っていたりする。また、2012年にリニューアルした「POPEYE」の影響で、ベースボールキャップにチェスターコート、ニューバランスのスニーカーというシティボーイが街にあふれた。では、実際の雑誌作りもオシャレに行われているか? 現在10誌ある中で特にオシャレ度の高い前述4誌を軸に、その内実に迫りたい。

 まず、4誌の中でファッション色が強く、いずれも近年のリニューアルで息を吹き返した感のある「GINZA」と「POPEYE」だが、ともにAD(アートディレクター)に問題を抱えている。

「GINZA」は、11年5月号のリニューアルで編集長に就いた中島敏子氏(「relax」元副編集長)がADに平林奈緒美氏を抜擢し、刺激的な誌面で高い評価を得た。しかし、14年2月号よりtha ltd.の阿部洋介氏がADとなり、さらに16年末に彼も同誌を離れ、今はAD不在。なぜ、こんな状況に陥ったのか?

「ひとつは、平林さんへの負担が大きかったから。彼女が一人で全ページのビジュアルをコントロールするという体制は、月刊誌では無理があったんです」

 そう語るのは出版関係者A氏。そして、平松氏の後任の阿部氏は、もともとウェブなどデジタル領域で活躍していた。

「阿部さんは、中島さんが『GINZA』のデジタル化も視野に入れてADに起用したんです。すると、彼は自分の下に有名なデザイナーを何人も置き、全体の仕事を効率化するワークフローを作った。結果、一定のルールに則って各デザイナーが好き勝手にやり、ADとしての存在意義があまりなくなったんです」(A氏)

 しかも、肝心の「GINZA」のデジタル化もうまくいっていない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』