>   >   > 『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第39回【ストリーミングサービス】がマスになりつつある現場
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第39回

【クロサカタツヤ×永松繁隆】気がつけばテレビ中継が変わっている!? ストリーミングサービスがマスになりつつある現状

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

【クロサカタツヤ×永松繁隆】気がつけばテレビ中継が変わっている!? ストリーミングサービスがマスになりつつある現状の画像1
●世界の動画配信売上高・契約数の推移及び予測(出典:IHS Technology)

ネットのストリーミング配信サービスが誕生して以降、さまざまな趨勢はあるものの、着実にその利用者を伸ばしている。特に、スポーツ中継など固定ファンがいるジャンルでは、独自のサービスがオープンしており、有料サービスであっても会員獲得につながっている。2020年には東京オリンピックが控える中で、新たなマスを獲得する分野となっていくのか?

クロサカ 今年からJリーグ全試合の放映権をネットのストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)【1】」が獲得しました。これまではスカパーによるCSのテレビ放送だったのが、ネットのストリーミングに変わるということに加え、さらに契約額が10年で2100億円もの巨額だったことで、日本のサッカーとメディアの関係者に衝撃が走りました。そこで今回は、スポーツビジネスや放映権について詳しい永松繁隆さんをお招きしました。永松さんは以前、大手広告代理店でスポーツビジネス等を手がけられ、FIFAサッカーワールドカップの招致活動ではご一緒させていただきました。

永松 以前、サッカー日本代表のマーケティングをやっていたんですが、日本代表のゲームって、テレビ視聴率が40%を超える、つまり4000~5000万人くらいの人たちが見るコンテンツなんです。それをテレビCMとか広告にして、売っていたんです。要するに、日本代表戦というコンテンツを売っているんじゃなくて、コンテンツを核にできたコミュニティこそが価値の本質なんじゃないかと思うんです。

クロサカ 確かに、コンテンツそのものがお金を生み出すのではなくて、コンテンツの周りのコミュニティの中の人たちがお金を出している。これまで「コンテンツ・イズ・キング」という言葉があって、強いコンテンツこそ偉いという風潮があったけど、それはコミュニティとお金の流れを作り出す力が強い、ということ。今回のDAZNは、このお金の流れそのものを買っちゃったんですね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』