>   >   > 「刃牙」の筋肉を解剖!/『筋肉マンガ』を科学検証す!

――『北斗の拳』『キン肉マン』『魁!!男塾』……。マッチョなキャラクターが登場するマンガは多々あるが、ド迫力の筋肉・筋力で読者を圧倒し、孤高の地位を築いてきたのが「刃牙」シリーズだ。連載25周年を経た同作をはじめ“筋肉マンガ”で見られる肉体と力は、やはり現実的には手に入れられないのか──。科学的見地から、その可能性を問う!

1702_baki001_230.jpg
筋肉マンガと呼べる作品たち。25年以上続く「刃牙」シリーズは現在、第4部『刃牙道』が連載中。

“筋肉マンガ”と聞いて、何を思い浮かべるだろうか。例えば「週刊少年ジャンプ」(集英社)の黄金期を通過した世代なら、『北斗の拳』や『キン肉マン』などを想像するかもしれない。だが、現時点で日本の筋肉マンガを代表する作品を挙げるとすれば、2016年に連載25周年を迎えた板垣恵介の「刃牙」シリーズではなかろうか。

 同作は、主人公である地下闘技場の史上最年少チャンピオン・範馬刃牙が、実の父親にして「地上最強の生物」である範馬勇次郎を超えるべく、さまざまな格闘家と死闘を繰り広げる格闘マンガだ。と同時に、こちらの記事にまとめたように常軌を逸した“強さ”の描写がしばしばネタにされる作品でもあるが、本稿ではそれらをマジメに考察していきたい。

 その前に、日本の筋肉マンガの歩みをざっと振り返ろう。マンガやアニメ、特撮などの描写を科学的に検証した「空想科学読本」シリーズの著者・柳田理科雄氏は、筋肉マンガ史におけるエポックメイキングな作品として『北斗の拳』を挙げる。

「それ以前にも『あしたのジョー』(講談社)や『空手バカ一代』(同)など“男の強さ”を描いたマンガはありましたし、『キン肉マン』も連載が始まっていました。が、筋肉そのものの迫力を描いたのは、『北斗の拳』が最初ではないでしょうか」(柳田氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年3月号

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

連載