>   >   > 【新宿二丁目】アンセム事情

――こちらの記事ではヒップホップと同性愛文化の変遷を見てきたが、ゲイ・カルチャー、とりわけ音楽の分野において、ゲイと相性がいいと言われているのは、ディスコやハウス、ミュージカルといったジャンル。ヒップホップ好きのゲイというのは、あまり耳にしないのも事実だが……。

1611_flyer.jpg
あでぃぽい氏が新宿二丁目で主催している『日本語ラップナイト』のフライヤー。大学時代にラップにのめり込んだことが、カミングアウトをするきっかけになったという。

 本誌16年7月号に登場したラップグループ、西新宿パンティーズのメンバーで、ゲイを公言しているラッパー、あでぃぽい氏は、「ラップの歌詞に同性愛者を見下す言葉が出てきてムカつくこともあるけど、やっぱり好きで聴いてしまう」とインタビューで語った。そんな日本語ラップをこよなく愛する氏に、ゲイとヒップホップについて本音を語ってもらった。

あでぃぽい「兄の影響でヒップホップを聴き始めて、最初はDJになろうと思っていたんですが、大学でラップをするようになりました。2012年には、新宿二丁目で日本語ラップ主体のイベント「日本語ラップナイト」をスタートさせたんですが、ゲイのヘッズ(ヒップホップ好き)は本当に少ないんですよね。キングギドラが同性愛者を差別した「ドライブバイ」騒動【編註:02年、「ニセもん野郎にホモ野郎 一発で仕止める言葉のドライブバイ」という歌詞が問題となり、CDが回収となった】があったり、ヒップホップとゲイ・カルチャーは、なかなか相容れない関係なのかなと。二丁目のイベントは、『それでもヒップホップが好きだ!』というゲイの仲間たちと始めました」

 歌詞に同性愛者を揶揄するような言葉があるジャンルにおいて、イベントではどのような曲がプレイされるのか。また、必ず盛り上がるアンセムのような曲は存在するのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』