>   >   > 【ED治療薬】の新勢力と落とし穴
第1特集
夜の性活に悩む諸氏は必読!

ジェネリック、副作用、ニセモノ……バイアグラはお役御免!? ED治療薬の新勢力と落とし穴

+お気に入りに追加

――日本では1999年に販売が始まり、いろいろと話題になったバイアグラ。あれから15年後の2014年に国内での成分特許が切れると、他社のジェネリックが続々と登場し、製造元のファイザーは苦境に立たされているように見える──。ED治療薬の効果や危険性を改めて整理しつつ、そのマーケットの最新状況に迫っていきたい。

1611_ed02_230.jpg
編集Nが必要に応じて個人輸入代行業者によるネット薬局で購入するのは、インドのアジャンタ・ファーマ社が製造する「カマグラゴールド」。日本ではコピー版バイアグラという位置づけだが、実質的にはジェネリックバイアグラ。

 バイアグラ──それは男の性的苦悩を解決する世界初の「夢の治療薬」。米ファイザー社が1998年に、日本ではファイザー製薬(現・ファイザー)が翌年から販売を開始、いわゆるインポテンツ(性的不能)にED(Erectile Dysfunction/勃起不全)という症状名を与え、夜の営みをあきらめていた男たちに「治療すれば回復するのか!」という希望を広めた。その反面、服用して性行為に臨んだ老人が心臓発作を起こして死亡したり、ブームに便乗して有象無象のニセモノが流通したりと、社会現象となったことを記憶している読者も多いだろう。

 しかし、現在ではあの頃のようにバイアグラが取り沙汰されることはなくなってしまった。というのも、バイアグラの登場から何年かたつと、後述するレビトラやシアリスという新たなED治療薬が開発・販売されるようになり、ED治療薬市場はファイザーの独占状態ではなくなったのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

インタビュー

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』