>   > カニエ・ウェストがラフ・シモンズのインターンに!? パリコレ化する21世紀ヒップホップ

「サイゾーpremiere」キャリア決済キャンペーン実施にともない、「別冊サイゾー 2016年5月号 ファッション大全」を期間限定で大公開!ファッション誌では絶対に読めない!ググっても出てこない!アパレル業界の裏側を大放出しちゃいます!(キャリア決済で登録すると2ヶ月間は無料でお読みいただけます)

――今や、ラッパーがモードなアイテムを身に着け、パリのビッグメゾンもヒップホップの要素を取り入れている!?21世紀のヒップホップとパリコレの関係について、両方に詳しい菊地成孔氏に話を訊いた。

1605_3toku_8.jpg
16年度グラミー賞5部門を受賞したケンドリック・ラマーのMV「Alright」より

「ブラック・ミュージックのファッションは奇矯に始まり、やがてスーツ化する」。これは、20世紀で明らかになった法則です。ジャズ、ファンク、ヒップホップ……どのブラック・ミュージックにも共通してますね。最初は黒人たちが、古着等々をうまく工夫して、かなり奇矯なウェアリングを創作するんですが、やがて音産の中で立場を得てくると、ヨーロッパのモードを身に着け始めるわけです。特にアフロアメリカンの人々には、社会的なコードとは別に、単にスタイリングして、スーツ(や宝石)が似合う素地があるので、つまり始まりから終点まで問題がありません。

 この周期の元をたどればジャズで、40年代にズートスーツ等の奇矯なスタイリングをしたビバッパー【注1】が60年代にスーツ化した。なかでもマイルス・デイヴィス【注2】の変遷が極例で、最晩年にヒップホップに挑戦したアルバム『ドゥー・バップ』(92年)のジャケット写真では足元がトリミングで見えないのですが、アルバム・ケースを開くと、なんと裸足の写真が現れる。ヒップホップではシューズが重要なアイコンですが、当時の彼が履いていたのはアディダスのスーパースター紐なしなのか、ナイキのエア・ジョーダンなのか、わからない(笑)。この「20世紀の最大の謎」(笑)については、大谷能生との共著『M/D』(エスクァイアマガジンジャパン)をお読みいただければと思いますが、ヒップホップのファッションに関しては、キャップ、フード、スニーカーといった独自のユニフォーミティがありますよね。つまり、子ども用の運動着を主要素材にしてます。

 とりわけヒップホップが新しかったのは、独特な形で彼らが完成させた後、自分たちでアパレルブランドを立ち上げて服を売り出したこと。しかも、それがCDより売り上げを伸ばすこともあった。20世紀末に現れたこの現象は、21世紀につながる大転換でした。本稿とはあまり深い関係がないのではしょりますが、「20世紀は、〈幼児退行の時代〉」であることの一翼を成しています。キャップにスエットがフォーマルウェアに至る。ということには、そういった大きなバックアップもあります。

パリコレに通ったカニエとファレル

 こうした動きを21世紀に最もスマートにリードしたのは、カニエ・ウェスト【注3】でしょう。2005~06年、彼がパリコレ【注4】に通っているらしいという噂が聞こえてきたんです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年5月号

学校では習わない"日本のキリスト教"史

学校では習わない
    • スコセッシの【沈黙】は嘘だらけ!?
    • 宣教師と【キリシタン】の実態

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」
    • 連続解散に見る【アイドル】の限界
    • 【里咲りさ】が語るグループの終わり方
    • 【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説