>   > 【阿弥陀如来】歌舞伎町で儲け薬に溺れた元不良
インタビュー
覚せい剤で身を滅ぼした男が教える「地獄からの這い上がり方」

【阿弥陀如来】歌舞伎町を根城に大金を稼いだ元不良の明と暗、その先の光

+お気に入りに追加

――不良の世界でその名を轟かせた藤井学、またの名を「阿弥陀如来」。覚せい剤で身を滅ぼした彼は、なぜ地獄から這い上がれたのか?

1609_amida.jpg
(写真/三田正明)

 彼はS51世代。その前後の世代、名前が売れた不良少年たちは徒党を組み悪事を働いていたが、彼は常にひとりで戦った。その強さが彼の名前を、地元・東京に限らず、千葉、神奈川など近県にも轟かせた。背中には、昔から一族が崇めてきた「阿弥陀如来」の刺青。歌舞伎町を根城に暴れた男は、20代で数億の財産を掴む“成功者”となり、その世界で「阿弥陀如来」と呼ばれ、一目置かれるようになった。

 だが、信頼していた人物に裏切られたことなど、トラブルが重なったことを機にハマった覚せい剤で2度の逮捕、服役。運命は暗転し、金も家族も失い、どん底に落ちた。昨今、世間を賑わせるドラッグ問題。身をもって覚せい剤の恐怖を知る男は、その“リアル”を語り、復活を誓う──。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載