>   >   > 「男子の生き様」/俳優・柾木玲弥
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【15】

【俳優・柾木玲弥】若手俳優は中二病率がやけに高いんです。

+お気に入りに追加
1608ikemen_520.jpg
(写真/北川 泉)

[今月のイケメン]
柾木玲弥

 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。今回は、映画『みんな!エスパーだよ!』や『ライチ☆光クラブ』などで好演を見せる俳優・柾木玲弥さんです。

──芸能界入りのきっかけはジュノン・スーパーボーイ・コンテストだったそうですね。

柾木 兄の奥さんが応募してくれました。いつも眠たそうな顔をしてるので「ちゃんと目を開けなさい」とか「面接では元気よく」とか、言われたことをやろうとしたけど、ポテンシャルの問題でなかなか難しかったです。受かると思ってなかったので、最終審査ではお義姉さんたちと候補者の写真を見て「あの人は受かりそう」なんて呑気に予想してたくらいです。

──中3でジュノンボーイに選ばれて、何か変わりましたか?

柾木 小・中学校と、1学年が8人しかいないような学校だったんですよ。当時は都会に憧れてたから田舎が嫌で。ジュノンの審査で休むときは「明日東京だわー、寝れねーわー」とか大声で言ってて、かなりヤバい奴でした。同級生は「かわいそうな奴だな」と思ってたのかもしれません(笑)。

──女子との関係性は……?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年3月号

グラビア写真学

グラビア写真学

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

インタビュー

連載