>   >   > スポーツ紙【元旦スクープ】の作り方
第1特集
元旦スクープを追いかける芸能記者の悲喜こもごも【1】

過去5年間のスクープ真偽も検証! 多少のトバシもご祝儀&ご愛嬌!? スポーツ紙元日スクープの作り方

+お気に入りに追加

――離婚騒動中の三船美佳と松田聖子の元夫・神田正輝の熱愛が、今年1月1日付スポニチの1面で報じられた……が、両者ともにこれを否定。神田に至っては激怒しているという。ちょっとした芸能通ならご存じだろうが、元日のスポーツ新聞1面には芸能スクープが多い。ここではその作り方などを見ていこう。

1602_New_Year's_Day_01.jpg
ド派手なスクープが並んだ2016年元日のスポーツ新聞。

 1月1日。今年も元日のスポーツ新聞各紙を芸能界の特ダネが飾った。まずはスポニチ。三船美佳と神田正輝の熱愛を1面で、芸能面ではPerfume“のっち”こと大本彩乃と芸人・マンボウやしろの熱愛などを報じている。お次はスポーツ報知。読売新聞のグループだけあって、1面では巨人軍・長嶋茂雄終身名誉監督と高橋由伸新監督の対談を掲載。芸能面では、元AKB48メンバーの川栄李奈と俳優・浅香航大の熱愛である。同じく野球ネタが1面を飾ったサンスポ。昨年の流行語大賞「トリプルスリー」を同時達成したヤクルト・山田哲人とソフトバンク・柳田悠岐の対談を掲載。芸能面では、『ブラタモリ』アシスタントのNHK桑子真帆アナとフジテレビ谷岡慎一アナの熱愛などを報じている。硬軟織り交ぜた紙面構成で知られる日刊スポーツは1面で、大みそかに行われた世界フェザー級選手権でKO勝ちを決めた内山高志を、芸能面では自殺未遂報道で世間を賑わせた田畑智子、岡田義徳の破局である。

 さて、スポーツ新聞では元日に“大ネタ”を持ってきて、各紙競い合うように披露、それらが年明けのワイドショーで紹介、近年では各ウェブメディアでまとめられることにより拡散されていく。一方、こうしたネタの中には当人が全否定するものも少なくはなく、その真偽は我々一読者にとっては不明瞭な部分も多い。では、その舞台裏では、どのようなスクープ合戦が行われているのだろうか? 過去記事を見ながら紙面づくりの舞台裏をリポートしてみよう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載