>   >   > スポーツ紙【元旦スクープ】の作り方
第1特集
元旦スクープを追いかける芸能記者の悲喜こもごも【1】

過去5年間のスクープ真偽も検証! 多少のトバシもご祝儀&ご愛嬌!? スポーツ紙元日スクープの作り方

+お気に入りに追加

――離婚騒動中の三船美佳と松田聖子の元夫・神田正輝の熱愛が、今年1月1日付スポニチの1面で報じられた……が、両者ともにこれを否定。神田に至っては激怒しているという。ちょっとした芸能通ならご存じだろうが、元日のスポーツ新聞1面には芸能スクープが多い。ここではその作り方などを見ていこう。

1602_New_Year's_Day_01.jpg
ド派手なスクープが並んだ2016年元日のスポーツ新聞。

 1月1日。今年も元日のスポーツ新聞各紙を芸能界の特ダネが飾った。まずはスポニチ。三船美佳と神田正輝の熱愛を1面で、芸能面ではPerfume“のっち”こと大本彩乃と芸人・マンボウやしろの熱愛などを報じている。お次はスポーツ報知。読売新聞のグループだけあって、1面では巨人軍・長嶋茂雄終身名誉監督と高橋由伸新監督の対談を掲載。芸能面では、元AKB48メンバーの川栄李奈と俳優・浅香航大の熱愛である。同じく野球ネタが1面を飾ったサンスポ。昨年の流行語大賞「トリプルスリー」を同時達成したヤクルト・山田哲人とソフトバンク・柳田悠岐の対談を掲載。芸能面では、『ブラタモリ』アシスタントのNHK桑子真帆アナとフジテレビ谷岡慎一アナの熱愛などを報じている。硬軟織り交ぜた紙面構成で知られる日刊スポーツは1面で、大みそかに行われた世界フェザー級選手権でKO勝ちを決めた内山高志を、芸能面では自殺未遂報道で世間を賑わせた田畑智子、岡田義徳の破局である。

 さて、スポーツ新聞では元日に“大ネタ”を持ってきて、各紙競い合うように披露、それらが年明けのワイドショーで紹介、近年では各ウェブメディアでまとめられることにより拡散されていく。一方、こうしたネタの中には当人が全否定するものも少なくはなく、その真偽は我々一読者にとっては不明瞭な部分も多い。では、その舞台裏では、どのようなスクープ合戦が行われているのだろうか? 過去記事を見ながら紙面づくりの舞台裏をリポートしてみよう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』