>   >   > 『西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会』
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【7】

【俳優・染谷俊之】僕はいつも「この役、落ちたら死ぬ」って思いながらやってます。

+お気に入りに追加
1512_ikemen_01.jpg
(写真/名和真紀子)

[今月のイケメン]
染谷俊之(俳優)

 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。7回目は、『テニミュ』で一躍その名を上げ、最近はドラマ『メサイア ─影青ノ章─』や『薄桜鬼SSL ~sweet school life~』に出演する俳優・染谷俊之さんです。

──染谷さんは、もともと先生になりたかったとか?

染谷 そうなんです。中学時代に観た『ウォーターボーイズ』が好きだったんですよ。観ていて「どうして僕はあっち側にいないんだろう」と漠然と思っていて。だから俳優にも興味を持っていたんですけど、一方で、学校ってもの自体が好きで、青春って感じだし、みんながエネルギッシュでバカやってる感じが。それで、先生にも憧れて大学で教職を取りました。学生時代は、先生になるか、芸能の世界に入るか悩んだんですけど、こっちの世界を選んでしまいました。

──中高生の頃は、どんな生活を?

染谷 バレー部で部活に明け暮れていて、その頃はそんな毎日が当たり前だったけど、振り返ると、それが青春だったんだなって。

──モテたりはしましたか?

染谷 そんなこと聞かれて、「モテました」って答える人なんているんですか!?

──それが結構いるんですよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』