>   > 要注目の【ローカルバラエティ】8選
第2特集
ローカルバラエティが面白い【2】

「水どう」を生んだHTBの次の鉱脈も!? 放送圏外でもどうにか見るべき!要注目のローカルバラエティ8選

+お気に入りに追加

――いまローカルバラエティが面白い──といっても、では一体どんな番組が各地で盛り上がっているのか?ここでは、ライター・構成作家のやきそばかおる氏に、北海道から沖縄まで、放送圏外でも要注目の番組を8本セレクトしてもらった。

1506_2toku_03.jpg

■『水どう』を生んだHTBの次の鉱脈がここに?
北海道『むかしの国のアリサ』
放映:HTB/毎週木曜0:50~1:05(15年1月15日~3月26日) 出演:八木アリサ、アフ&ヨッシー
若手スタッフが中心となって新たな企画を試す実験枠「HTB深夜開拓魂」の18シリーズ目として放送。「北海道は『水曜どうでしょう』の人気が出すぎたがゆえに、現在も大泉洋さんが出る番組に、ほかの番組は歯が立たない状況があります。その中で『水どう』のHTBが新しい番組を作ろうと立ち上げたのがこの枠です。『むかしの国のアリサ』は、札幌出身のモデル・八木アリサさんと地元のタレントで、昔の映像フィルムなどに映っている昭和の流行を再現するバラエティ。ススキノで40年以上変わらずに営業を続けるラウンジで、当時のことをまったく知らない八木さん(19歳)がバブル時代の衣装を着て新たな発見をする。秀逸な実験企画でした」

1506_2toku_04.jpg

■15年目に突入した秋田版『水曜どうでしょう』
秋田『ぷぁぷぁ金星』
放映:秋田朝日放送/第1・2金曜0:20~0:50(01年5月~) 出演:バリトン伊藤、シャバ駄馬男ほか
「秋田の日本酒をあらためて知りたい」「地元の食堂のラーメンを食べて回る」「時間内で県内のソフトクリームを何個食べられるか」など、スタッフや出演者が気になる・興味があることを追求するロケバラエティ。基本的に出演者は秋田弁でしゃべる。「スタッフが『水曜どうでしょう』を見て『こういう企画が地方局でもできるんだ』と感銘を受けて始めた番組です。一時期『水どう』みたいな地方局の番組が増えたんですが、結局うまくいかなくて終わったものがほとんどの中で、『ぷあ金』は本家が終わってもちゃんと続けているのが素晴らしい。本家への憧れを公言していて、大泉さんと鈴井貴之さんに出演してもらうところまでやっているのもいいです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」