>   > 要注目の【ローカルバラエティ】8選
第2特集
ローカルバラエティが面白い【2】

「水どう」を生んだHTBの次の鉱脈も!? 放送圏外でもどうにか見るべき!要注目のローカルバラエティ8選

+お気に入りに追加

――いまローカルバラエティが面白い──といっても、では一体どんな番組が各地で盛り上がっているのか?ここでは、ライター・構成作家のやきそばかおる氏に、北海道から沖縄まで、放送圏外でも要注目の番組を8本セレクトしてもらった。

1506_2toku_03.jpg

■『水どう』を生んだHTBの次の鉱脈がここに?
北海道『むかしの国のアリサ』
放映:HTB/毎週木曜0:50~1:05(15年1月15日~3月26日) 出演:八木アリサ、アフ&ヨッシー
若手スタッフが中心となって新たな企画を試す実験枠「HTB深夜開拓魂」の18シリーズ目として放送。「北海道は『水曜どうでしょう』の人気が出すぎたがゆえに、現在も大泉洋さんが出る番組に、ほかの番組は歯が立たない状況があります。その中で『水どう』のHTBが新しい番組を作ろうと立ち上げたのがこの枠です。『むかしの国のアリサ』は、札幌出身のモデル・八木アリサさんと地元のタレントで、昔の映像フィルムなどに映っている昭和の流行を再現するバラエティ。ススキノで40年以上変わらずに営業を続けるラウンジで、当時のことをまったく知らない八木さん(19歳)がバブル時代の衣装を着て新たな発見をする。秀逸な実験企画でした」

1506_2toku_04.jpg

■15年目に突入した秋田版『水曜どうでしょう』
秋田『ぷぁぷぁ金星』
放映:秋田朝日放送/第1・2金曜0:20~0:50(01年5月~) 出演:バリトン伊藤、シャバ駄馬男ほか
「秋田の日本酒をあらためて知りたい」「地元の食堂のラーメンを食べて回る」「時間内で県内のソフトクリームを何個食べられるか」など、スタッフや出演者が気になる・興味があることを追求するロケバラエティ。基本的に出演者は秋田弁でしゃべる。「スタッフが『水曜どうでしょう』を見て『こういう企画が地方局でもできるんだ』と感銘を受けて始めた番組です。一時期『水どう』みたいな地方局の番組が増えたんですが、結局うまくいかなくて終わったものがほとんどの中で、『ぷあ金』は本家が終わってもちゃんと続けているのが素晴らしい。本家への憧れを公言していて、大泉さんと鈴井貴之さんに出演してもらうところまでやっているのもいいです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1別れる前のハワイ旅行はお約束? ZOZOTOWN社長にポイ捨てされた紗栄子、社長夫人の夢敗れたり!?2016.7.18
  2. 2『もののけ姫』の石火矢衆は犬神人そのもの――祇園祭でも大活躍!中世賎民が担った役目2016.7.27
  3. 3【旅行雑誌には載らない"京都"裏案内】そこには、“夢”があった――ANARCHYが誕生した向島団地の真実<前編>2016.7.18
  4. 4『笑点』という大輪の花は、テレビに適応できず死んだ噺家たちの屍の上に咲いている――幽霊、落語から落日のテレビを観る。2016.7.25
  5. 5かわいいだけじゃやっぱりダメ!? フジテレビ・細貝沙羅アナウンサー人事異動に見る女子アナに必要な資質2016.7.7
  6. 6大本教誕生の地・綾部――京都・まほろばの里「志賀の七不思議伝説」の謎2016.7.26
  7. 7「餃子の王将」社長はなぜ射殺されたのか――同和問題に暴力団、行政の腐敗…京都社会の裏を描くブックガイド2016.7.28
  8. 8アメリカン・ドリームを掴んだ男の転落人生――「夫はベネズエラで死にました」2016.7.14
  9. 9黒木瞳の娘が起こした暴行事件――その被害者が芸能界デビューのナゼ2014.7.26
  10. 10過疎と高齢化がすすむ京都府の山奥に移住するワケ――京都市内だけが京都ではない!Iターン増えるもうひとつの京都2016.7.26
サイゾープレミア

2016年8月号

サブカル化するテレビと芸人の命運

サブカル化するテレビと芸人の命運
    • 【テレビを殺す】のは一体ダレか?
    • 芸人は皆【最期の仕事】を選べない
    • 【ビートきよし】が語る"引退"

サメと現役JKのキケンな邂逅

サメと現役JKのキケンな邂逅
    • 夢アド【京佳ちゃん】サメと絡む

インタビュー

連載