>   > 要注目の【ローカルバラエティ】8選
第2特集
ローカルバラエティが面白い【2】

「水どう」を生んだHTBの次の鉱脈も!? 放送圏外でもどうにか見るべき!要注目のローカルバラエティ8選

+お気に入りに追加

――いまローカルバラエティが面白い──といっても、では一体どんな番組が各地で盛り上がっているのか?ここでは、ライター・構成作家のやきそばかおる氏に、北海道から沖縄まで、放送圏外でも要注目の番組を8本セレクトしてもらった。

1506_2toku_03.jpg

■『水どう』を生んだHTBの次の鉱脈がここに?
北海道『むかしの国のアリサ』
放映:HTB/毎週木曜0:50~1:05(15年1月15日~3月26日) 出演:八木アリサ、アフ&ヨッシー
若手スタッフが中心となって新たな企画を試す実験枠「HTB深夜開拓魂」の18シリーズ目として放送。「北海道は『水曜どうでしょう』の人気が出すぎたがゆえに、現在も大泉洋さんが出る番組に、ほかの番組は歯が立たない状況があります。その中で『水どう』のHTBが新しい番組を作ろうと立ち上げたのがこの枠です。『むかしの国のアリサ』は、札幌出身のモデル・八木アリサさんと地元のタレントで、昔の映像フィルムなどに映っている昭和の流行を再現するバラエティ。ススキノで40年以上変わらずに営業を続けるラウンジで、当時のことをまったく知らない八木さん(19歳)がバブル時代の衣装を着て新たな発見をする。秀逸な実験企画でした」

1506_2toku_04.jpg

■15年目に突入した秋田版『水曜どうでしょう』
秋田『ぷぁぷぁ金星』
放映:秋田朝日放送/第1・2金曜0:20~0:50(01年5月~) 出演:バリトン伊藤、シャバ駄馬男ほか
「秋田の日本酒をあらためて知りたい」「地元の食堂のラーメンを食べて回る」「時間内で県内のソフトクリームを何個食べられるか」など、スタッフや出演者が気になる・興味があることを追求するロケバラエティ。基本的に出演者は秋田弁でしゃべる。「スタッフが『水曜どうでしょう』を見て『こういう企画が地方局でもできるんだ』と感銘を受けて始めた番組です。一時期『水どう』みたいな地方局の番組が増えたんですが、結局うまくいかなくて終わったものがほとんどの中で、『ぷあ金』は本家が終わってもちゃんと続けているのが素晴らしい。本家への憧れを公言していて、大泉さんと鈴井貴之さんに出演してもらうところまでやっているのもいいです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』