>   >   > 「ガロ」を生んだ青林堂が【幸福の科学】に乗っ取られる
ニュース
多角化するも失敗幸福の科学、次の一手

右傾化する老舗版元青林堂が幸福の科学に乗っ取られる!?

+お気に入りに追加

多角化するも失敗幸福の科学、次の一手

出版社経営に政界進出と、さまざまな事業展開をする幸福の科学。学校教育にも熱心で、10年には栃木県に中高一貫校・幸福の科学学園を開校、続いて13年には滋賀県にも開校した。そして15年に、千葉県に大学を開校する計画があったが、文部科学省が「霊言」を大学教育の根底としていることを問題視し、認可を与えなかった。

1504_NS_03.jpg
強烈な保守的イデオロギーよりも、エル・カンターレはさらに上位に!?

 近年、在日特権を許さない市民の会(在特会)などを筆頭に、『嫌韓流』(晋遊舎)などの”ヘイト本”に影響を受けたネット右翼(ネトウヨ)の行動が、社会的な問題となっている。在日コリアンが多い新大久保や大阪・鶴橋で「韓国人を叩き出せ!」と叫ぶデモなどがその象徴だ。

 ネトウヨが社会に偏った差別……いわゆるヘイトスピーチをもたらしていることは事実だが、そんな彼らの購買を商機とみて、ヘイト本を出す出版社も増えてきた。特にここ数年、ネトウヨの本を積極的に出版しているのが、保守系の論調を強く打ち出す月刊誌「JAPANISM」【1】を発行する青林堂である。最近では、昨年9月に在特会元会長の桜井誠氏による新著『大嫌韓時代』が刊行されている。


伝説のマンガ誌没落にお家騒動で社員造反

1504_NS_02.jpg
「JAPANISM」のHP。ガロの文字も見える。(公式HPより)

 青林堂といえば、もともとはヘイト本とは関係のないマンガ出版社だった。その歴史は古く、1962年に設立し、初代社長のマンガ編集者・長井勝一氏の下、マンガ好きの間では伝説となっている雑誌「ガロ」を創刊。『ゲゲゲの鬼太郎』の水木しげるや、『ニッポン昔話』の花輪和一などの日本の文化史に残る逸材を送り出し、雑誌のみならず出版社としても多くのファンを獲得してきた。ところが、96年に長井氏が死去した後、青林堂の経営は傾きだす。新社長と対立した編集部員が離反し、独立して「青林工藝舎」を設立している。青林堂はゴタゴタを経て、99年に債権者だった蟹江幹彦氏(現社長)の手に渡った。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017
    • 【タレントブランド】の内情と成否
    • 【Supreme×ヴィトン】コラボの裏側
    • 【ダニエル・ウェリントン】バカ売れの謎
    • 【裏原系】人脈のその後
    • 【遠山茜子】B-GIRLになる!
    • 【インスタグラマー】の熾烈な戦い
    • 【IT】が進むファッション業界の未来
    • インスタの太鼓持ち【女性ファッション誌】
    • 【デーブ・スペクター】が語るトランプのスーツ
    • 【メラニア夫人】への衣装提供拒否の裏側
    • 【ZOZO】の好きな所、嫌いな所
    • 【ファッション史】から見るゾゾ
    • 【送料自由化】を物流の専門家が分析
    • 【メルカリ】が勝った本当の理由
    • 【メルカリ出品者】が語る闇市の姿
    • 【ホットペッパービューティー】の罠
    • 【スポーツアパレル】がパリコレ占領中
    • 【ナイキ】の最先端戦略を覗き見!
    • 【高級機械式腕時計】はなぜ高い?
    • 【スマートウォッチ】台頭は吉か?凶か?

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

NEWS SOURCE

    • 【安室奈美恵】引退宣言で揺れる音楽業界
    • 【市川海老蔵】と松竹の懐事情
    • 【ジュリーさん】がアベマ企画に大激怒

インタビュー

    • 【吉田まどか】福岡女のシンデレラストーリー
    • 【CASCADE】元祖おしゃれ系バンドの今
    • 【CHAI】女たちが追い求めるかわいい

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』