>   >   > 【クロサカタツヤ】「テレビの建前に気がついた若者と、クレームに怯えるテレビ局の不幸な関係」
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第13回

「テレビの建前に気がついた若者と、クレームに怯えるテレビ局の不幸な関係」

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

1501_kurosaka_1.jpg
NHK総計と民放総計の習慣接触者率の推移↑画像をクリックすると拡大します。

「テレビがつまらない」そんな声が、徐々に大きくなってきている。かつてテレビは「メディアの王様」と呼ばれ、私たちの生活の大きな部分を占めてきた。だが、インターネットの普及と比例するように、テレビ離れが叫ばれるようになり、またテレビ局への批判、不満の声も大きくなってきた。一方で、ネット上のソーシャルメディアに目を転じれば、相変わらずテレビに関する話題は多く、ネットサービスのTVCMも珍しくはない。このように、テレビという存在は、大多数にリーチできることのメリットとデメリットの間で揺れ動いているように見える。依然として大きな力を持つテレビ業界、だがその中では一体何が起きているのだろうか?

クロサカ 今日のゲストはフリーアナウンサーの櫻井彩子さんです。さまざまなメディアで活躍されるほか、就職カウンセラーとして学生とも直接向き合うという一面もお持ちで、若者の利用実態も含め、ネットにかなり詳しいギーク。そんな櫻井さんからみて、いま一番おもしろい情報メディアって、何ですか?

櫻井 ギークかはわかりませんが(笑)、改めて今ネットには関心があります。といっても、ネット自体が面白いというより、人とネットの関係ですね。学生を見ていると、彼らはすべてがネットなんですよ。SNSには嫌気が差しつつもLINEを使って、買い物は全部ネット、話題になったテレビ番組もYouTubeで見る、調べたいことも本は買わずにブログを探す。

クロサカ いわゆる「ネット・ネイティブ」そのものですね。

櫻井 ただ、ネットが世界につながっているという意識は一切ないんです。それが世界に開かれたメディアで、コミュニケーションチャネルとは理解できず、自分と相手しかいない世界。

クロサカ 僕らはネット初期から見ていたから、その認識を持てるのかな。そうでない若い人にとっては、ただの通信や伝送手段でしかない、と。

櫻井 そうなんです。だから学生にとってのネットはすごく狭いものなんです。その一方で、eコマースにしろ、YouTubeにしろ、快適に使って楽しんでいる。

クロサカ それはテレビや雑誌など他の情報メディアを体験した上で、それと比較してやはり「ネットが楽しい」ということなんでしょうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年2月号

マンガ(禁)大全2018

マンガ(禁)大全2018
    • 【マンガ業界】最新動向
    • ネット時代【リイド社】の戦略
    • 【韓国】ウェブトゥーンが凄い
    • 【韓国マンガ】傑作6選
    • 【しらほしなつみ】コミケで見られない素顔
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【お笑い芸人・おたけ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【田中考】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【辛酸なめ子】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【精神科医・岩波明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【クロサカタツヤ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【磯部涼】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【小林雅明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【更科修一郎】
    • 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミ
    • 【リバーズ・エッジ】映画化のナゼ
    • 肉食系女子が読む【岡崎京子】座談会
    • 【少女マンガ】のファッション研究
    • プロが見る【風早くん】の服装
    • 服部昇太【80年代】マンガへの礼賛!
    • 【ナチス描写】の海外規制事情
    • 【エロ描写】は海外でこう扱われる!
    • 本家を超える【スピンオフ】を探せ!
    • マンガの神様の【スピンオフ】作品
    • ポスト【ウシジマ】貧困マンガ
    • 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖
    • マンガ家【下半身ゴシップ】

基礎教養としてのフリーメイソン

基礎教養としてのフリーメイソン
    • 【橋爪大三郎×フリーメイソン幹部】陰謀論の基礎知識

酒井萌衣「卒業」と「初体験」

酒井萌衣「卒業」と「初体験」
    • 【酒井萌衣】元SKE48が初水着!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • マルサの女/【わちみなみ】
    • 【柳ゆり菜】初めてジャネットで踊った日
    • 【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ
    • 【沙月とわ】海に行ったことがない女
    • 巨人のコーチになった異色の陸上選手
    • 私と【美玲】を連れてって
    • 2018年は本格的なIT制度の見直しが始まる
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【ヤリマン】のトークに無限の可能性
    • 【アイドル】が音頭に没頭する背景
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【AV出演強要問題】女優たちの悲痛な願い
    • 【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
    • 町山智浩「映画でわかる アメリカがわかる」/『スリー・ビルボード』
    • 【ポスト・トゥルース時代】の保守とリベラルの役割
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/UFO入門2018
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • なぜ女芸人は「ブス」をネタにするのか?
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」/span>
    • 幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』