>   >   > 【小林幸子】がヲタク界に見出した新境地
第1特集
日本歌謡界のラスボス、アニメを語る

"ラスボス"【小林幸子】の歌手としての意地「息継ぎのないボカロ曲で呼吸困難になりました」

+お気に入りに追加

――日本の演歌界を牽引してきた小林幸子(60)が、今年、歌手生活50周年を迎えるという。今や、彼女の活動の場は、これまでの歌番組やコンサート会場のみならず、ニコ動やコミケにまで広がりを見せるが、実はアニメにも深い縁があった。

1411_kobayashi_01.jpg
(写真/佐藤博信)

 2011年11月の電撃結婚、そして12年の事務所騒動──。かつては芸能マスコミを賑やかしたこともあった、小林幸子。演歌に馴染みがない向きからすれば、こうした芸能ニュースのほかに、巨大な衣装で紅白に華を添えてきた大御所、最近ではニコニコ動画への投稿などがシックリくるだろう。さらに、今年8月には「コミックマーケット86」に初参戦、限定1500枚のボーカロイド曲カバーミニアルバム『さちさちにしてあげる♪』が即完売したことも話題となった。今や”リアルボーカロイド”としてもブレイクしている彼女だが、ちょっとした歌謡曲通であれば、覆面歌手としてアイフルのCM曲「お地蔵サンバ」を、そして『ポケットモンスター』や『クレヨンしんちゃん』などのアニソンを担当するなど、古い業界のしきたりにとらわれない幅広い活動が知られている。紅白の巨大セットによる威圧感により、ネット民から”ラスボス”とも称賛されている彼女が、小誌のアニメ特集に降臨……。数々の名曲を歌い上げてきたその口からは、一体どのような言葉が語られるのだろうか?

※※※

 一見、アニメと演歌は無関係だと思われますが、小林幸子さんは1997年に『ポケットモンスター』(テレ東)のエンディングテーマ「ポケットにファンタジー」をはじめ数多くのポケモン関連の楽曲を、そして劇場版アニメ『クレヨンしんちゃん』では主題歌を担当しました。98年の『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』のエンディングテーマ「風といっしょに」は、NHK紅白歌合戦で披露したこともあります。

小林 『クレヨンしんちゃん』は存じ上げていましたが、ポケモンについては、製作の方からオファーを頂いた時は、まったく知りませんでした。もちろんそれから勉強しましたし、今では”世界のポケモン”ということも理解しています。そういえば、今年コミケに参加した時も、来て下さった方の中に「幸子さんの『風といっしょに』を聞いて育ちました!」とか、「私、『ポケットにファンタジー』をずっと聞いていたんです!」とか、涙ぐみながら話し掛けてくださる方もいて。

――ポケモンでいえば、中川翔子さんのエピソードも有名です。

小林 12年のポケモン15周年のイベントで、しょこたんと共演した時ですよね。目が合った瞬間にいきなり「神!!」って叫ばれた時はビックリしましたよ。その後、しょこたんが涙目で「映画第1弾で主題歌を歌った小林さんは、私の中で神的存在です!」って(笑)。

――何度聞いてもイイ話ですね。

小林 あとは『ダンガンロンパ』。

――え? あの『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』(TBS)ですか? 学園ミステリーゲームで、後にアニメ化された。

小林 そうそう。13年のお盆に放映(第4話)されたアニメのオープニング曲「モノクマおんど」を担当させて頂いたんです。たった1話だけの担当でしたが(笑)。もちろん『ダンガンロンパ』のことも知らなかったんですが、ファンの方からは「幸子さん、見ましたよ」って声をかけられましたよ。見てる人は見てるんですよね〜。

――たった1回のオープニングに小林幸子とは、贅沢すぎるというか、チャレンジングというか……。と、今ではアニメとの親和性の高いコミケやニコニコ動画など、急激に活躍の場が変わってきました。この影響なのか、ミニアルバム『さちさちにしてあげる♪』はコミケで即完売、アニメイトでの追加販売も予約段階で即完売。急遽決まった配信でも「iTunesアルバム総合ランキング」で10位、「dwango.jp アルバム総合デイリーランキング」で2位を記録するなど、話題を集めています。

小林 この反響には私自身とってもビックリしています。ボカロ曲には良い曲がたくさんありますし、もっといろんな方に知って頂けるとうれしいですよね。そもそもボカロ曲を歌うことになったのは、ニコニコ動画への出演がキッカケ。「ニコニコ超パーティー」や「ニコニコ超会議」へ出演させて頂いて、昨年のおおみそかには「ニコニコ年越し! 小林幸子カウントダウンLIVE」を開催しました。もちろん、初めは「ボカロって何ですか?」って感じだったのですが、いろいろ勉強する中で、興味を持つようになって。でも、実際に歌ってみると、ボカロ曲は元々PC上でサンプリングされた歌なので、生身の人間にとってはブレスする場所がなかったり、普通ではありえない音の動きをしたりするんです。

――ブレス……ですか?

小林 ボカロ曲って、私からすると信じられない音階やメロディーラインが出てくるんです。PCで作る歌だから、何でもアリじゃないですか? だからブレス(息つぎ)するところがなかったりするんですよ。それでも、私も一応プロとして「ここでは切れない!」と思って歌っていたら、呼吸困難になっちゃったりして(笑)。でも、歌っていて、とても楽しいです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017
    • 【レシピ動画】の儲け方
    • 【園山真希絵】がレシピ動画を斬る
    • 【DAZN】巨額投資回収を拒む壁
    • 【アメリカ】のコンテンツ争奪戦
    • 【このハゲー】動画のお値段
    • 【週刊誌】がテレビ局に売った動画
    • 【ウェブCM】出演芸能人のお値段
    • 【2大炎上ウェブCM】を白黒裁判!
    • 【ウェブCM炎上】に見る女心
    • 【人気YouTuber】が脱いでみた
    • 【MC漢】が小学生と大激論
    • 【心霊動画】の潮流と愉しみ方
    • 厳選!本当に怖い【心霊動画】
    • 【トランプ】の中傷動画戦略
    • 【ネガティブキャンペーン】6選
    • IT技術者が語る【DMM.R18】の魅力
    • 学者が分析【エロ動画】閲覧の代償
    • 【オナニー向け】神デバイス
    • 2017年版【オナニー】ガイド
    • プロが見る【ヌケるAV】

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

NEWS SOURCE

    • 【スマステ】打ち切りの真相
    • 【大谷翔平】がMLBに投げ売り!?
    • 芸能界のドンと【レコ大】どうなる?

インタビュー

    • 【ワンピクセル】接触できないアイドルはライブで魅せる!
    • 【福永未来】万引き依存症、地獄の苦しみと救済
    • 【Awich】夫を射殺で失ったラップ界の才媛

連載

    • 【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。
    • 【藤田ニコル】彼氏と聴いてたback number
    • 『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
    • 日本企業の【AI・IoT】は絶望的な結果!?
    • ゲス不倫くらいで騒ぐな!地下格闘技を見ろ!
    • 【菊地成孔】ミュージシャンと文筆家、2つの顔トーク
    • 思い出を作る【米軍基地】の盆踊り
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【2パック】ラッパーの物語が銀幕へ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『デトロイト』
    • 【理工系優位】がもたらす大学教育と知の劣化
    • 小原真史の「写真時評」/戦死者たちの肖像(中)
    • 打ち上げミサイル、下から見るか?横から見るか?
    • ジャングルポケット/ずっと舐めていられる!擬似ちくびの魅力
    • 【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】女心と秋の空は、まるで神隠し
    • 「バイオクイーン」ショコラの果てなき野望
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • YouTuberよどこへ行く…幽霊、現代香具師たちの難儀な炎上
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』