>   >   > 【小林幸子】がヲタク界に見出した新境地
第1特集
日本歌謡界のラスボス、アニメを語る

"ラスボス"【小林幸子】の歌手としての意地「息継ぎのないボカロ曲で呼吸困難になりました」

+お気に入りに追加

――日本の演歌界を牽引してきた小林幸子(60)が、今年、歌手生活50周年を迎えるという。今や、彼女の活動の場は、これまでの歌番組やコンサート会場のみならず、ニコ動やコミケにまで広がりを見せるが、実はアニメにも深い縁があった。

1411_kobayashi_01.jpg
(写真/佐藤博信)

 2011年11月の電撃結婚、そして12年の事務所騒動──。かつては芸能マスコミを賑やかしたこともあった、小林幸子。演歌に馴染みがない向きからすれば、こうした芸能ニュースのほかに、巨大な衣装で紅白に華を添えてきた大御所、最近ではニコニコ動画への投稿などがシックリくるだろう。さらに、今年8月には「コミックマーケット86」に初参戦、限定1500枚のボーカロイド曲カバーミニアルバム『さちさちにしてあげる♪』が即完売したことも話題となった。今や”リアルボーカロイド”としてもブレイクしている彼女だが、ちょっとした歌謡曲通であれば、覆面歌手としてアイフルのCM曲「お地蔵サンバ」を、そして『ポケットモンスター』や『クレヨンしんちゃん』などのアニソンを担当するなど、古い業界のしきたりにとらわれない幅広い活動が知られている。紅白の巨大セットによる威圧感により、ネット民から”ラスボス”とも称賛されている彼女が、小誌のアニメ特集に降臨……。数々の名曲を歌い上げてきたその口からは、一体どのような言葉が語られるのだろうか?

※※※

 一見、アニメと演歌は無関係だと思われますが、小林幸子さんは1997年に『ポケットモンスター』(テレ東)のエンディングテーマ「ポケットにファンタジー」をはじめ数多くのポケモン関連の楽曲を、そして劇場版アニメ『クレヨンしんちゃん』では主題歌を担当しました。98年の『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』のエンディングテーマ「風といっしょに」は、NHK紅白歌合戦で披露したこともあります。

小林 『クレヨンしんちゃん』は存じ上げていましたが、ポケモンについては、製作の方からオファーを頂いた時は、まったく知りませんでした。もちろんそれから勉強しましたし、今では”世界のポケモン”ということも理解しています。そういえば、今年コミケに参加した時も、来て下さった方の中に「幸子さんの『風といっしょに』を聞いて育ちました!」とか、「私、『ポケットにファンタジー』をずっと聞いていたんです!」とか、涙ぐみながら話し掛けてくださる方もいて。

――ポケモンでいえば、中川翔子さんのエピソードも有名です。

小林 12年のポケモン15周年のイベントで、しょこたんと共演した時ですよね。目が合った瞬間にいきなり「神!!」って叫ばれた時はビックリしましたよ。その後、しょこたんが涙目で「映画第1弾で主題歌を歌った小林さんは、私の中で神的存在です!」って(笑)。

――何度聞いてもイイ話ですね。

小林 あとは『ダンガンロンパ』。

――え? あの『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』(TBS)ですか? 学園ミステリーゲームで、後にアニメ化された。

小林 そうそう。13年のお盆に放映(第4話)されたアニメのオープニング曲「モノクマおんど」を担当させて頂いたんです。たった1話だけの担当でしたが(笑)。もちろん『ダンガンロンパ』のことも知らなかったんですが、ファンの方からは「幸子さん、見ましたよ」って声をかけられましたよ。見てる人は見てるんですよね〜。

――たった1回のオープニングに小林幸子とは、贅沢すぎるというか、チャレンジングというか……。と、今ではアニメとの親和性の高いコミケやニコニコ動画など、急激に活躍の場が変わってきました。この影響なのか、ミニアルバム『さちさちにしてあげる♪』はコミケで即完売、アニメイトでの追加販売も予約段階で即完売。急遽決まった配信でも「iTunesアルバム総合ランキング」で10位、「dwango.jp アルバム総合デイリーランキング」で2位を記録するなど、話題を集めています。

小林 この反響には私自身とってもビックリしています。ボカロ曲には良い曲がたくさんありますし、もっといろんな方に知って頂けるとうれしいですよね。そもそもボカロ曲を歌うことになったのは、ニコニコ動画への出演がキッカケ。「ニコニコ超パーティー」や「ニコニコ超会議」へ出演させて頂いて、昨年のおおみそかには「ニコニコ年越し! 小林幸子カウントダウンLIVE」を開催しました。もちろん、初めは「ボカロって何ですか?」って感じだったのですが、いろいろ勉強する中で、興味を持つようになって。でも、実際に歌ってみると、ボカロ曲は元々PC上でサンプリングされた歌なので、生身の人間にとってはブレスする場所がなかったり、普通ではありえない音の動きをしたりするんです。

――ブレス……ですか?

小林 ボカロ曲って、私からすると信じられない音階やメロディーラインが出てくるんです。PCで作る歌だから、何でもアリじゃないですか? だからブレス(息つぎ)するところがなかったりするんですよ。それでも、私も一応プロとして「ここでは切れない!」と思って歌っていたら、呼吸困難になっちゃったりして(笑)。でも、歌っていて、とても楽しいです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年3月号

グラビア写真学

グラビア写真学
    • 【プレミア写真集】の市場原理
    • 【天野礼那】脱ぐには抵抗あったんです
    • 【坪井ミサト】初めて打ったんです
    • 【田中あさみ】"ペット"がいっぱいです
    • 【筋肉】と写真の美学
    • 【筋トレ】という自己啓発
    • 【合法ロリ】写真集を堪能せよ!
    • 【グラビアタブー】の正体
    • グラビアとしての【政治家公式写真】
    • 【美人議員】ランキング
    • 【篠山紀信】は本当にスゴいのか?
    • 【グラビアカメラマン】名鑑
    • 【グラビアポエム】って誰が作ってるの?
    • 【ベストポエム】セレクション
    • 【キャンギャル】を歴史的に考察
    • 【アー写】で決まる表現者の価値
    • 定番【アー写】のパターンを研究
    • 【ジャニーズ】のモデルとしての実力
    • 【光と色】で変わる写真の視覚効果
    • アイドル【慰問雑誌】の中身

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【今野杏南】映画、撮りたいんです。
    • 【根本凪】Gカップの危機一髪
    • ぼくがマギーを応援する
    • ビジネスプロセス自動化が【日本的非効率労働】をなくす
    • 【ユーザーエクスペリエンス】が日本社会を変える!?
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【風水】にハマる人々に戦々恐々
    • 太鼓と肉体美の不思議な関係
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『逃げるは恥だが役に立つ』
    • 【ジョージ・マイケル】寡作、天才、いろいろ少数派
    • 【カジノ法案】がダメな本当の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・黄靖翔
    • 【ネット炎上】がなくならない理由
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/アパホテル 帽子物語
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【東京ラブストーリー】赤名リカの呪い
    • 磯部涼の「川崎」
    • スレスレの快感【マッサージクラブ】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』