サイゾーpremium  > 特集2  > 【現役マネ覆面座談会】「矯正に500万円払わせて引退するな!(泣)」

――美容整形といえば芸能人。そして、芸能人を一番間近で眺めているのは、芸能プロダクションのマネージャーでしょう! というわけで、グラビア系から役者系まで4人のマネージャーに、根掘り葉掘り聞いちゃいました!!

【座談会参加者】
A…大手芸能プロマネージャー(女優担当)
B…中堅芸能プロマネージャー(グラドル担当)
C…中堅芸能プロマネージャー(女優担当)
D…中堅芸能プロマネージャー(グラドル担当)

1312_tomochin.jpg
『ともちん 板野友美 AKB48卒業記念 写真集』(講談社)

A 今回は芸能人の美容整形がテーマってことだけど、整形で最近話題になったといえば、グラドルの森下悠里?

B 雑誌やテレビで「"メスは使わない範囲で"やった」と告白してたけれど、実際のところはもっと……(笑)。まあそれにしても時代は変わりましたよね。90年代に青田典子が整形外科医にバラされたときなんて、失意のどん底みたいな顔してたのに。

C インターネットが普及して、昔の写真がすぐ出てきちゃうのも一因でしょ? 古い写真が見つかっちゃって、切羽詰まってテレビ番組でカミングアウトしたりとか。

D 一般の人は、所属する芸能プロの指示の下、金を出してもらって手術をしてるんじゃ…… みたいに思われてるかもしれないけど、そんな話、あんまりないよね。

B どこの事務所も、売れるかどうかもわからないタレントの整形代を何百万円も負担してあげるなんて、そんなコストのかかることはしたくないですよ。

D まあ、うまく誘導して自発的にやらせるのが一番いいやり方じゃない?(笑)でも、歯並びを治すとかホクロを取るとかっていうのは、よくある話じゃない?

B プチ整形レベルならしてる人も多いよね。特に、そこそこ売れてきてて手ごたえを感じ始めてる場合に、「少しでもよくなりたい」って子は多いと思う。でも、ローティーンで顔が固まってない子とかだと、整形なんてリスクが大きいんだけどね。

A とはいえ、事務所が金を出すかとは別の話。そりゃあ、ブレイク前に歯列矯正してた能年玲奈みたいに、レプロという大きな事務所で、長期的に売り出していきたいと事務所が考えている逸材だったら負担するケースもあるかもしれないけどね。でも、基本的には自腹でしょ。

C ですよね。100万単位で金かかるし。一時的に貸して、あとで売り上げから落とすってことはあるかもしれないけど。

D 僕の場合は、強要もしない代わりに、相談されたからといって止めもしませんね。そういう倫理観は、本当にマネージャーによる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全
    • ブルース・リーからBTSまで【中韓エンタメ受容史】
    • 【中国ヒップホップ】の潜在能力
    • 【K-POP製作陣】が語る日本の課題
    • 【BTS】が成功して少女時代がコケた理由
    • 芸能界革命【中国アイドル】ブーム
    • 乃木坂より良い!?【Cアイドル】6選
    • 国家も支援する中国の【食動画】とは?
    • この【食動画】が見たい!セレクション
    • 【中国ファッション界】急成長とリスク
    • 【中国アート】市場の成熟度
    • 【菊地成孔】フロイディズムが息づく物語
    • 【笛木優子】韓国で女優を志すきっかけ
    • 【韓流ぴあ編集長】恥部も暗部も映像化する底力
    • 【片山慎三】今の韓国映画の原型!?60年前のサスペンス
    • 【キム・ソンフン】隠蔽された民主化の歴史を追う
    • 社会問題化する【韓国ネット民】の闇
    • 今も根強い韓国国内の【地域差別】
    • Jリーグも完敗の【中国サッカー】
    • 【朝鮮族】をつなぐサッカー文化
    • 【カンフー映画】の盛衰と進化の旅
    • 極東【バイオレンス】映画祭
    • 急速に広がる【中国SF】の世界
    • 【中国映画】1兆円市場・真の良作
    • 【2.5次元ミュージカル】13億人が熱視線

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

NEWS SOURCE

    • レアル移籍の【久保建英】を狙う魑魅魍魎
    • 浜崎あゆみの二番煎じ!?【安斉かれん】て誰?
    • 【参院選】裏の見どころは「不正操作」?

インタビュー

    • 【井桁弘恵】令和初の仮面ライダー美少女
    • 【ゴジゲン】ずっと終わらない永遠の放課後
    • 【FNCY】ヒップホップのニュー・クラシック

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』