>   > 【現役マネ覆面座談会】「矯正に500万円払わせて引退するな!(泣)」

――美容整形といえば芸能人。そして、芸能人を一番間近で眺めているのは、芸能プロダクションのマネージャーでしょう! というわけで、グラビア系から役者系まで4人のマネージャーに、根掘り葉掘り聞いちゃいました!!

【座談会参加者】
A…大手芸能プロマネージャー(女優担当)
B…中堅芸能プロマネージャー(グラドル担当)
C…中堅芸能プロマネージャー(女優担当)
D…中堅芸能プロマネージャー(グラドル担当)

1312_tomochin.jpg
『ともちん 板野友美 AKB48卒業記念 写真集』(講談社)

A 今回は芸能人の美容整形がテーマってことだけど、整形で最近話題になったといえば、グラドルの森下悠里?

B 雑誌やテレビで「"メスは使わない範囲で"やった」と告白してたけれど、実際のところはもっと……(笑)。まあそれにしても時代は変わりましたよね。90年代に青田典子が整形外科医にバラされたときなんて、失意のどん底みたいな顔してたのに。

C インターネットが普及して、昔の写真がすぐ出てきちゃうのも一因でしょ? 古い写真が見つかっちゃって、切羽詰まってテレビ番組でカミングアウトしたりとか。

D 一般の人は、所属する芸能プロの指示の下、金を出してもらって手術をしてるんじゃ…… みたいに思われてるかもしれないけど、そんな話、あんまりないよね。

B どこの事務所も、売れるかどうかもわからないタレントの整形代を何百万円も負担してあげるなんて、そんなコストのかかることはしたくないですよ。

D まあ、うまく誘導して自発的にやらせるのが一番いいやり方じゃない?(笑)でも、歯並びを治すとかホクロを取るとかっていうのは、よくある話じゃない?

B プチ整形レベルならしてる人も多いよね。特に、そこそこ売れてきてて手ごたえを感じ始めてる場合に、「少しでもよくなりたい」って子は多いと思う。でも、ローティーンで顔が固まってない子とかだと、整形なんてリスクが大きいんだけどね。

A とはいえ、事務所が金を出すかとは別の話。そりゃあ、ブレイク前に歯列矯正してた能年玲奈みたいに、レプロという大きな事務所で、長期的に売り出していきたいと事務所が考えている逸材だったら負担するケースもあるかもしれないけどね。でも、基本的には自腹でしょ。

C ですよね。100万単位で金かかるし。一時的に貸して、あとで売り上げから落とすってことはあるかもしれないけど。

D 僕の場合は、強要もしない代わりに、相談されたからといって止めもしませんね。そういう倫理観は、本当にマネージャーによる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』