サイゾーpremium  > ニュース  > ビジネス  > 【リクルート】が仕掛ける就活“ミスマッチ”ビジネスの正体
1312_nn3_02.jpeg
リクルートが運営する求人サイト「リクナビ」のトップ画面。

 この時代に生きるすべての若者が、社会に出る前に必ず通らなければならない関門──就活。大学生たちを苦しめ、時に自殺者すら生むほどになったその過酷さが、リクルートという一民間企業が、利益を得るために生み出したビジネスだという認識はあるだろうか? そんな衝撃的なテーゼを投げかけるのが、大手代理店やコンサル会社での職歴を持つプランナー、谷村智康氏の著書『「就活」という広告ビジネス』(リベルタ出版)だ。就活を広告ととらえ、学生を商材だとする著者・谷村氏に、そのカラクリと出版の真意を聞いた。

「この本を書いたきっかけは、学生も企業も古い形態の就職活動に固執している現状を見るに見かねて、この『就活』というろくでもない代物を解体したい、という思いに駆られたからなんです」

MEMO就活
就活就職活動のこと。かねてからの不景気により、学生の就職活動は年々厳しさを増し、12年には、「就職活動の失敗による自殺者数」は約150人にのぼるという警察庁の統計が発表されるなど、社会問題化している。また、『「就活」という広告ビジネス』(リベルタ出版)によれば、昨今の就職活動における市場規模は1000億円と算出されることもあるという。

 今日の就職活動においては、好むと好まざるとにかかわらず、リクルートの運営する就活サイト「リクナビ」に登録するところから始めざるを得ないと思い込まされている。しかし、このリクナビにはどのような基準で企業が掲載されているのかというと、それは単に、掲載する企業からお金をもらって載せているにすぎず、その本質は「ホットペッパー」といった広告ビジネスで成り立つフリーメディアとなんら変わりがない。それなのに、あたかも「リクナビ」に公平な情報が載っているように錯覚させられてしまうところに、まず第一の問題があるのだ。

「リクルートにとっては、たくさんのお金を払ってくれる企業=優良企業。学生にとっての優良企業を大きく掲載しているわけではないことは、論をまちません。就活産業に携わるリクルートは、どの企業が過酷な労働を強いて社員を使い捨てる『ブラック企業』であるか、本当は熟知していますが、そういった企業は、むしろたくさんのお金を払ってくれるお得意様。リクルートにとっての儲けにさえなれば、そのような企業の求人を、何回でも大きく、魅力的に掲載することに、なんのためらいもないのです」

 さらにいえば、就活において、学生は「就活」という広告ビジネスという観点からは「商材」にすぎない。このことを自覚しない限り、学生は就活という泥沼から抜け出せないと、谷村氏は力説するのだ。ここに第二の問題がある。

「現在、就活で広く使われている『SPI』という筆記試験は、リクルートが主催しています。採用企業と学生のすれ違いやミスマッチが延々と続き、選考過程が複雑化すればするほど、リクルートは儲かるのです。大量に集めて、大量に落とす。こうして、二度儲けているのです」

 それだけではない。就職活動を企業と学生のシンプルな橋渡しにするどころか、工程を複雑にし、学生を疲弊させているのも、ひとえにリクルートの利益構造を維持するためだというのだ。ここに第三の問題がある。

「さらに、転職活動や人材派遣をも、リクルートはビジネスにしており、雇用のミスマッチが起きて、新社会人が会社を辞めて転職活動をすることで、企業の求人広告が増え、リクルートはまた儲かる。クライアントを裏切る二重三重の利益構造が展開されているのです」

 エントリーシートの記入や説明会参加を繰り返し、学生は数十社、時には100社を超える会社から「お祈りメール」(不採用を伝えるメール)をもらい続け、精神的にボロボロになっていく。なぜこのような不毛な活動をしなければならなくなってしまったのだろうか。

「まず、就活という、単なる広告ビジネスに企業が多額のお金を払い続けていることに無頓着。就活サイトに広告を掲載するなどの採用活動が広告であるにもかかわらず、広報部といったメディアの専門部署ではなく、人事部の判断だけで行われているのも問題です。だから、ほかのメディアと比べてべらぼうな価格がまかり通るのです」

 さらに問題なのは、大学卒業と同時に一斉に就職しなければならない、新卒一括採用というシステムが、存続し続けていること。

「新卒一括採用というのは、均一の人材を大量に揃えることが必要だった戦後の復興期や高度経済成長期には最適なスタイルでした。しかし、今の日本社会はそういった段階は過ぎ、独自の創造性をもって新しい市場や商品を作らなければならないところに来ています。その観点から、新卒一括採用というスタイルは、もう日本にまったくそぐわなくなっているのです。それにもかかわらず、なぜこのスタイルを続けているのかというと、古い形態の就職活動を続けさせたほうが、リクルートは儲かるからなのです。その矛盾や、そこから生じるミスマッチを悟られないように、就活論壇にリクルート社OBを送り込んで、就活に対するポジティブなイメージを作り出し、就活のつらさは学生が大人になるためのイニシエーション(通過儀礼)であるという教義まで作り出して学生を洗脳しているのです」

 そもそも、学生がこんなに就活に必死になり、新卒で企業に入れなければ人生終わり、とまで思い詰めるのも、会社に就職しなければ、満足な社会保険やセーフティーネットも受けられない、日本の社会構造に原因がある。ひとつの会社に自分を預けず、ポートフォリオ的にさまざまな仕事をして生活する生き方もあってしかるべきなのだが、大学のキャリアセンターは数字上の就職実績のみを重視するため、そのような選択肢をはなから除外しているのだ。

「リクルートと密接な関係を築いているのは、大学だけではありません。学生に人気のあるマスコミなどの花形企業は、リクルートにとっては客寄せになるため、リクナビにはタダで掲載することも。情報交換などの名目で飲食の饗応が行われることもあり、リクルートと人気企業との癒着ともいえる状態が存在するのです」

 会社が新人を採用するに当たっての採用コストさえ良くわからない。なにしろ80万人が就職活動するにもかかわらず、業界統計すらないのだ。推測すると年間1000億円前後もかかっているようだ。そのお金やエネルギーを、日本の社会構造を作り変えるのに使うべきだと、谷村氏は力説する。

「リクルートだけを儲けさせるのはやめて、『就活』ではない、本当の『就職活動』に労力とお金を使うべきです。学生にも企業にも、なぜリクナビを通さず、直接両者を結ぶ手段を取らないのか、と聞きたい。建設的な雇用のためには、その会社への就職を前提としない、本当の意味でのインターンシップを広めることも有効でしょう。就社を前提としたインターンでは、既存の”就活”は揺るぎません。インターンシップの末に、就社のほかに、他社に行く選択肢を認め、その推薦状を出すのが本来の形です。学生には、不毛な消耗戦ではない、いい意味での苦労を経験させてあげるべきです」

 日本の未来を担うべきフレッシュな人材が、リクルートという一企業の戦略のために押しつぶされ、使い物にならなくなってしまうような事態は、国家的な損害だ。もうそろそろ、企業と若者が建設的に支え合う、新たな仕組みづくりが模索され始めてもよいのではないだろうか?

(文/里中高志)

新卒大学生の平均初任給

約20万円

1312_recruit_b.jpg

■社会問題化する就職活動と辟易する大学生
「就職活動」は広告ビジネスであり、学生はその「商材」でしかない──。多くの若者を精神的に追いつめる就活というシステムを作り出し、維持している元凶こそ、一営利企業にすぎないリクルートだと分析した一冊の本『「就活」という広告ビジネス』(リベルタ出版/1260円)が発売された。同書によると、リクルートは就活のミスマッチを作り出し続けることで、離職、転職のたびに、さらに利益を生み出すことができるというが、そのいびつな構造を、元大手広告代理店に勤務し、現在ではプランナーとして活躍する著者・谷村智康氏が解き明かす。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ