>   > 年収6000万円でも使う暇なし!【産婦人科医療】の悲惨な現場
第2特集
【プレミア限定ロングver.】現代医療とビジネス【3】

年収6000万円の産婦人科医も? 高収入も意味がない過酷な労働環境

+お気に入りに追加

――2004年に起きた「福島県立大野病院産科医逮捕事件」以降、医療業界で最も人手不足が叫ばれているのが、産婦人科界だ。しかし、出産に限らず、昨今需要が高まっている不妊症治療など、ほかの科に比べて自由診療が多い同科では、高収入が得られ、ビジネス的にはおいしいようにも思える。果たして、その医療現場の現状とは──?

1311_sanfujinka.jpg
『踊る産科女医』(小学館)

「産科医療補償制度」、またの名を「“無過失補償”制度」をご存じだろうか? 今年6月、分娩機関(分娩を取り扱う病院、診療所、助産所)と妊産婦が共同で、同制度の運営組織である日本医療機能評価機構に対し、多額の余剰金が出ているとして、掛金の一部返還を求めて裁判を起こしたことから、注目を集めた制度だ。

 これは、同制度に加入している分娩機関で生まれた赤ちゃんが、分娩に関連して重度の脳性麻痺となった場合、その赤ちゃんおよび家族に対し、経済的負担を補償する、というものである。そのために、担当する分娩機関が、1分娩当たり3万円程度の掛金を支払わなければならず、その費用は妊婦の出産費用に上乗せされている。

 当然、正常分娩で無事に出産を終えた場合、この掛金は掛け捨てだ。結果、2012年9月末時点で、年315億2500万円の収入保険料から、補償金、事務経費などを除いた「支払備金」(余剰金)が212億4900万円にも上ることが発覚したのだ。さすがに、年200億円以上の余剰金が出るのは明らかにおかしいと、先の裁判が行われたのである。

 しかし、そもそもこの「無過失補償制度」は、ある事件をきっかけに生まれた、産婦人科界の・免罪符・になるはずのものだった。そのある事件とは、04年12月に起きた「福島県立大野病院産科医逮捕事件」である。

 当時、同病院で常勤していた産婦人科医はひとりだけだった。前置胎盤であることが事前の検査で発覚していた妊婦・Aさんに対し、その担当医は大学病院での分娩を奨めたが、Aさん本人が「交通費がかかる」との理由でそれを拒否。さらには、最悪の場合、子宮を摘出することになると説明すると、「絶対に子宮は取らないでください」と伝えていたという。結果、帝王切開手術によって赤ちゃんは正常に取り上げられたものの、出血が止まらず、Aさんは死亡した。

 これに憤慨した遺族が、「ミスが起きたのは医師の責任だ」と訴えたところ、医師賠償責任保険で保険会社から遺族への補償支払をスムーズにしようと、福島県の医療事故調査委員会が“医療側に過失あり”と報告。これをきっかけにマスコミが「医療ミス」と大きく報じ、06年2月、執刀医は業務上過失致死などの疑いで逮捕され、翌月に起訴された。しかし、08年8月、福島地方裁判所は、被告人の医師を無罪とする判決を言い渡している。

「大野病院の例は、臨床の現場医師としての立場から言えば、明らかに執刀医の過失ではありません。産科医は、異常分娩に当たった場合、ひとりではほとんど何もできないのです。そのため、通常は大学病院など、大きな病院への転院を奨めます。大野病院の先生だって、当然、そうしました。しかし、Aさんご本人が高リスクを承知で、同院での出産を望まれた。私も以前、Aさんと同じような前置胎盤の妊婦の出産を担当しましたが、その際には、5人の産婦人科医師のほかに、研修医なども総動員。2万ml、およそ100人分という大量の輸血を要し、なんとか救命しましたが、これは幸運が重なっただけです。確かに、Aさんも助かったかもしれない。しかし、それは大きい病院に転院してくれていればの話。大野病院では、できる限りの、最善を尽くしたと思います」(某公的大病院の勤務医・B氏)

 それにもかかわらず、大野病院の執刀医は、マスコミのカメラが回る前で逮捕されるなど、完全な“殺人犯”扱いを受けた。そして、このセンセーショナルな事件によって、産婦人科医を目指す医師が激減したという。

「もともと、産婦人科医の先生、特に産科の先生においては、365日24時間稼働と言っても過言ではない労働環境にあります。陣痛が始まったら、放っておくわけにはいかないですから。そんな過酷な状況にある中、大野病院事件が起きた。同事件に限らず、脳性麻痺の赤ちゃんの出産時など、訴訟リスクが高かった産婦人科界では、これを機に、訴訟数が何倍にも膨れ上がったのです。そのため、それまで産婦人科医として勤めていた先生たち中からも、専門を変える人が続出しました。結果、人員不足という、さらなる問題を抱えることになってしまった」(医療コンサルタント・椎原正氏)

 こうした背景をもとに、「産婦人科医たちを守ろう」と08年に制定されたのが、先述の「無過失補償制度」である。最も訴訟リスクが高く、かつ医師による過失・無過失の判断が難しいと言われる脳性麻痺の新生児の出産に対し、過失の有無にかかわらず、訴訟を起こさないことを条件に出産後直ちに補償をする、という保険制度なのだ。

「脳性麻痺の赤ちゃんが生まれてくることは、その大部分は医師の“過失”ではないのです。そのため、制度の方針自体は、間違っていないと思います」(B氏)

 しかし一方で、この制度自体に疑問を抱く医師も少なくない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017
    • 【レシピ動画】の儲け方
    • 【園山真希絵】がレシピ動画を斬る
    • 【DAZN】巨額投資回収を拒む壁
    • 【アメリカ】のコンテンツ争奪戦
    • 【このハゲー】動画のお値段
    • 【週刊誌】がテレビ局に売った動画
    • 【ウェブCM】出演芸能人のお値段
    • 【2大炎上ウェブCM】を白黒裁判!
    • 【ウェブCM炎上】に見る女心
    • 【人気YouTuber】が脱いでみた
    • 【MC漢】が小学生と大激論
    • 【心霊動画】の潮流と愉しみ方
    • 厳選!本当に怖い【心霊動画】
    • 【トランプ】の中傷動画戦略
    • 【ネガティブキャンペーン】6選
    • IT技術者が語る【DMM.R18】の魅力
    • 学者が分析【エロ動画】閲覧の代償
    • 【オナニー向け】神デバイス
    • 2017年版【オナニー】ガイド
    • プロが見る【ヌケるAV】

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

NEWS SOURCE

    • 【スマステ】打ち切りの真相
    • 【大谷翔平】がMLBに投げ売り!?
    • 芸能界のドンと【レコ大】どうなる?

インタビュー

    • 【ワンピクセル】接触できないアイドルはライブで魅せる!
    • 【福永未来】万引き依存症、地獄の苦しみと救済
    • 【Awich】夫を射殺で失ったラップ界の才媛

連載

    • 【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。
    • 【藤田ニコル】彼氏と聴いてたback number
    • 『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
    • 日本企業の【AI・IoT】は絶望的な結果!?
    • ゲス不倫くらいで騒ぐな!地下格闘技を見ろ!
    • 【菊地成孔】ミュージシャンと文筆家、2つの顔トーク
    • 思い出を作る【米軍基地】の盆踊り
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【2パック】ラッパーの物語が銀幕へ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『デトロイト』
    • 【理工系優位】がもたらす大学教育と知の劣化
    • 小原真史の「写真時評」/戦死者たちの肖像(中)
    • 打ち上げミサイル、下から見るか?横から見るか?
    • ジャングルポケット/ずっと舐めていられる!擬似ちくびの魅力
    • 【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】女心と秋の空は、まるで神隠し
    • 「バイオクイーン」ショコラの果てなき野望
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • YouTuberよどこへ行く…幽霊、現代香具師たちの難儀な炎上
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』