サイゾーpremium  > インタビュー  > 【上田剛史】ヤクルト期待の若手 決意の告白
インタビュー
「人生でも野球でも堂々としていたい。」

【上田剛史】「在日コリアンだから国際大会に出られなかった……」ヤクルト・上田剛史の決意

+お気に入りに追加

──現在、日本のプロ野球界で“黄金世代”と呼ばれる「88年組」。前田健太(広島)や坂本勇人(巨人)らスター選手の中で揉まれた、ヤクルト・上田剛史の告白とは?

1307_ueda_01.jpg
(写真/江森康之)

 日本のプロ野球界で活躍してきた選手たちの中には、朝鮮半島にルーツを持つ人物が多い。張本勲や金田正一、金村義明ら往年の名選手をはじめ、森本稀哲や金本知憲など、数え上げると枚挙にいとまがない。

 そして、2012年から東京ヤクルトスワローズの開幕1軍を勝ち取った上田剛史選手もまた、そのひとりである。注目の88年組で、ミルウォーキー・ブルワーズに移籍した青木宣親選手の後釜としても期待される、球界のホープだ。

 本名は周剛史。韓国籍を保有した在日コリアン4世になる。

「これまでも、ツイッターなどでは在日であることを公言してきました。ただ、メディアでしっかりと話すのはこれが初めてです」

 プロ野球界には在日の選手が多数いるものの、現役選手の“在日宣言”は珍しく、ネット上などではあらぬ憶測や反応が飛び交った。自らの出自を語る真意は一体?

「人生でも野球でも堂々としていたい。それが一番の理由です。もし、正直に打ち明けて僕を見る目が変わってしまう人がいるなら、それは仕方がないこと。これまで、心ない批難もありましたが、まったく気にしてません」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那