サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【弁護士】が解説 法律では規制できない"珍"食材が出回る理由
第1特集
珍味食材の"知りたくなかった流通ルート"【3】

食品衛生法上はゴキブリを食べてOK! 規制できない”珍”食材が出回る理由

+お気に入りに追加
1306_az_mushinoazi.jpg
『虫の味』(八坂書房)

 ここまで、ちょっと嫌~な珍食材の流通ルートを紹介してきたが、そもそも、「食の安全」が叫ばれる昨今、そうした食材に対しての取り締まりは強化されていないのだろうか? MYパートナーズ法律事務所の吉成安友弁護士に聞いた。

──早速ですが、まずはお店が客に提供してよい食品とダメな食品のボーダーラインがどこにあるのか、教えてください。

吉成 食品とは、食品衛生法上、すべての飲食物を指します。その基準は、食習慣において“飲食物である”という認識があるものだということ。しかし、この認識は曖昧で、人が何を食べるかは、時代や文化によって異なります。特に価値観が多様化している現代では、これまであまり食べられなかった“マイナーな食材”だからといって、直ちに問題があるとは言えないと思います。

──とはいえ、これまで食べられてこなかったマイナーな食材には、危険な面もあるとは思うんですが……。そもそも、食品衛生法には、第7条で“新開発食品を禁止することができる”と規定されています。歴史的に食経験がないものは、提供してはダメということではないのでしょうか?

吉成 この規定はあくまで、禁止することが“できる”というものなんですよ。なので、従来食品として販売されていないものだからといって、それだけで“販売してはいけない”という規定ではありません。さらにいうと、この”新開発食品”については、主として、“石油由来などの、化学合成された食品”を念頭に置いて考えられたという経緯がある。もちろん自然からとれる食材も対象にはなりますが、じゃあ、ゴキブリやサソリなどが販売を禁止されたかというと、そういった話は聞きません。

──では、販売が禁止される食品とは具体的にどんなものですか?

吉成 簡単に言えば、食べて体が悪くなる食品です。例えば、腐敗しているものは原則禁止で、鮒寿司のような一般に飲食に適すると認められている場合のみ例外になります。また、有毒・有害な物質が含まれているものも原則禁止で、厚生大臣が定めたものだけが例外となります。それから、不潔なものや異物が混入しているようなものについては、人の健康を損なう恐れがある場合、禁止となります。

──じゃあ、ペットショップで売れないものを食材として提供するのはどうですか?

吉成 当初ペットとして飼育されていたからといって、これを食材とすることが、直ちに違法というわけではありません。ただ、ペット用の場合、抗生物質を投与されていたりするので、その残留量が基準値以下であるなどの必要があります。

──お店によっては、ザリガニやゴキブリなど、外で野生の食材を獲ってきて提供する場所もあると聞きます。これはさすがに、衛生的に問題がありそうな……。

吉成 野生の食品がそれだけで問題がある、とは言えません。例えば魚の場合、野生種を捕まえてきて食べるのが当たり前ですよね? 基本的には、野生の食品についても、前述のような腐敗や有毒の問題がなければ、提供できるわけです。もちろん、衛生管理の問題はありますが、集団食中毒などが起きない限り、問題は顕在化しないことが多いように思われます。

──映画などでヤクザが「ゴキブリが入ってんじゃねえかよ!!」とレストランを脅すシーンがありますが、料理にゴキブリが入っているのはダメで、レストランでゴキブリ料理を出すのは大丈夫なんですか?

吉成 お皿に虫などが混じっているのは“意図せぬ混入”ですね。これは衛生上問題があります。レストランで昆虫などのゲテモノを出す場合、お客さんもそれを食べに来ているのでしょうし、安全面にもそれなりに気を使っているでしょうから、問題はないと言ってよいと思います。

──先日、焼肉店などでレバ刺しを提供することが禁止されました。しかし、レバ刺し以上に健康に悪い食材は、たくさんある気が……。

吉成 レバ刺しの場合、トリミング処理をしても菌を処理できないということが証明されてしまったので、生食用の販売が規制されました。逆にその“危険性”が証明されていないものは、規制されていないということです。食品流通として規模が小さい食品は、そもそも厚労省が認知していない可能性もあります。すべての食品を徹底的に検査することは不可能でしょうから。 

 つい、お店で売られている食品は安全だと思いがちですが、そんなことはありません。実際にはレバ刺し以上に危険だけれど、現状では規制がされていない食品は確実にあると思います。怪しい食べ物を食べる時は、自己責任で。リスクを覚悟してくださいね。

吉成安友(よしなり・やすとも)
1973年、大分県生まれ。早稲田大学法学部を卒業し、弁護士に。現在は、MYパートナーズ弁護士事務所にて、借金、離婚、相続問題から、企業顧問まで、幅広く手かげている。
公式HP〈http://myp-lo.com/

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ