サイゾーpremium  > 特集  > 芸能ゴシップ  > 【韓国の腐女子】事情
第1特集
お隣の国・韓国のマンガ市場の今【2】

ナマモノタブーはなし!? K-POPアイドル同人も! 韓国腐女子事情

+お気に入りに追加
1212_comicworld.jpg
「コミックワールド」カタログ。

 日本同様、韓国にも同人誌即売会イベントが存在する。毎年ソウルと釜山でオールジャンルイベント「コミックワールド」が開催されており、多くのマンガ・アニメファンやコスプレイヤーたちが集結しているようだ。日本企業(画材メーカーのデリーター社)が主催とあって、イベントの基本的なノウハウなどは日本と大差ないそうだが、韓国ではどのような作品が人気を呼んでいるのだろうか?

「サークルもコスプレも、ほとんどが日本のマンガ・アニメ・ゲームですね。流行のジャンルも、リアルタイムで日本と同じです。ネットによって、オタクの流行はほぼ世界共通になったと思います。販促物で一番多いのはグッズ。韓国は日本よりも印刷代が安いので、メガネふきやメモノートなどのグッズが販売されています。本であれば、小説よりもマンガが多いです。もともとオンライン活動が盛んなので、わざわざ本にするとなると、やはりマンガやイラスト集と考える人が多いのだと思います」(韓国同人情報通)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論