>   >   > 【無料】花田虎上のテレビ出演急増も綾部効...
ニュース
[サイゾーpremium限定ニュース]

【無料】花田虎上のテレビ出演急増も綾部効果!? 叩かれても「タレント業」をまい進か

+お気に入りに追加
121027_prenews.jpg
『大相撲は死んだ』(宝島新書)。

 秋の番組改編期特番や新番組などに、元横綱若乃花で現タレント、花田虎上(まさる)氏(41)の出演が目立ち始めた。8月にお笑いコンビ、ピースの綾部祐二との熱愛疑惑が発覚し、話題になった母親でタレント、藤田紀子(65)が番組でからむこともあり、テレビ業界では花田氏の出演急増も「綾部効果か」との見方まで出ているほど。しかし、番組内では、かつての大横綱の威厳が形無しなほどボロボロに叩かれるシーンもあり、同情の声すら上がっているのだ。

 花田氏は10月23日に放送された日本テレビ系特番「解決!ナイナイアンサー お騒がせ芸能人がアノお悩みを初告白SP」に、08年に再婚した元幼稚園教諭の美人妻・倉実さんとともに出演した。倉実さんが、夫に対する悩みを告白するという企画だったが、母・紀子もVTRで参戦。息子について「親子似たようなもので、お人よしだからよく人にだまされますね。アッハッハ」などと親子自虐ネタで笑いをとるなどした。

 9月17日に放送された日本テレビ系特番「見破れ!! トリックハンター3~世界の超能力・マジック・犯罪…禁断のネタばらしSP」では、花田と藤田がスタジオで親子共演。花田が、ウソ発見器にかけられた藤田に「今恋をしている?」と質問し、藤田が「ノー」と答えたり、花田が藤田のことを「母はもう、妖怪ですから」とぶっちゃけ話をするなどして盛り上げた。

「綾部との熱愛騒動が発覚して以来、藤田はテレビ出演などが急増し、タレント的な話題性という意味では実にオイシイ展開になっています。その息子で、離婚・再婚や実弟貴乃花親方との確執などスキャンダルを抱える花田が、藤田との“抱き合わせ”で出演すると実にはまる。親子ともども“綾部効果”の恩恵にあずかっているとも言えるでしょう」(芸能記者)

 しかし、これらの番組では、花田がボロカスに侮辱される悲惨なシーンも相次いだ。「ナイナイアンサー」では、倉実夫人が抱える「夫が人が良すぎる」という悩みに対し、さまざまな分野の個性的な辛口専門家が解決策を提示したのだが、その中で、“ヤンキー界の重鎮”で現在、青少年の更生を手助けしている岩橋健一郎氏から、角界引退後の花田氏の波乱人生について「ハンパな野郎の、ただの世間知らずですよ」と眼前で言い放たれたのだ。

「ヤンキー界の重鎮から、横綱のプライドがズタズタに引き裂かれるようなことを、テレビ番組で言われた花田は、一瞬岩橋氏のほうをにらむようなしぐさをし、緊張が走りましたが、すぐ笑顔でうなづき、大人の対応をしていました。正直、見ていてかわいそうになるほど痛々しかったですが、ただ、本人は“ほんとはすべて言いたいですけど、言うと大変なことになるので”と、弟・貴乃花とのトラブルについて“爆弾を持っているぞ”とばかりに、けん制もしていたのが印象的でした」(週刊誌記者)

 それだけではない。94年に結婚し、07年に離婚した、元JAL客室乗務員の美恵子さんからも、別の番組で「痛烈な一言」を言われたのだ。現在、ハワイで、花田とのあいだにもうけた4人の子供たちと暮らしている美恵子さんは、10月21日に放送された日本テレビ系「行列のできる法律相談所 さんまvs怒れる美女軍団SP」にスタジオ出演。司会の明石家さんまから、花田と復縁する可能性を突っ込まれると、笑いながら「死んだ方がマシ!」と言い放ったのだ。横綱としてどころか、男としてのプライドがズタズタにされた瞬間でもあった。

「離婚についてお互い言いたいことはあるでしょうが、養育費をもらってハワイで生活しつつ、日本のテレビで夫と復縁するくらいなら『死んだ方がマシ』とテレビで笑いながら言い放つ美恵子さんの人間性には、疑問を持ちましたね。さすがに花田に同情してしまいました」(別の芸能記者)

 なぜ、ここまで叩かれることすら受け入れつつ、番組に出演するのか。

「花田の収入が決して楽ではないこともあるのではないでしょうか。花田は00年に角界を引退後、タレント業とともに米フットボール選手を目指したり、02年ごろからはちゃんこ料理屋『Chanko Dining若』を各地に展開し、一時成功させるなどしてきました。しかし業績悪化もあってか、08年に同料理屋の経営を手放してしまい、その後同料理屋の運営会社が10年に破産しました。今年7月には『女性セブン』が、花田がこの運営会社から2億円を返還するよう訴えられていると報じたばかり。また同誌は、美恵子さんに振り込む多額の養育費が遅れているとも報じました。生活は苦しいのではないかと思われます」(芸能プロ関係者)

 昨年、有名風水建築デザイナー直居由美里のアドバイスで、タレント名を花田勝から現在の「花田虎上」に変えたばかり。10年に誕生した娘を抱える花田は心機一転、これからタレント業に本腰を入れていくのか、新たな事業を展開するのか。母・藤田紀子の動向とともに注目だ。

【横綱の威厳もボロボロ!? 相撲界を憂う「サイゾーpremium」の記事はこちら】
大相撲問題に立ちはだかる壁と当局がマークする"ヤミの紳士"
瀕死の大相撲を救え! ズルむけ場所、急遽開催
朝青龍問題から高橋大輔のアノ噂まで スポーツ記者が語る熱戦の裏


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」