サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 【AKB48】のスキャンダルはいつもSNSから!?
第1特集
ITの進歩と歩んだAKB48の"誤爆""流出"スキャンダル史【1】

大島優子も指原莉乃も経験済み!? 事務所のSNS検閲が火種に――AKB48の"流出""誤爆"の真相

+お気に入りに追加

──2005年に結成されたAKB48。彼女たちのデビューからはや7年、この間にSNSを中心としたITツールは広く普及した。ブログ、モバイルメール、ツイッター、Google+。それらは彼女たちの重要な“営業ツール”となっているのだ。しかし、彼女たちにとって“自由に発信できる”それらのサービスは、ときに、思わぬ失態の原因ともなっている。スキャンダルの発信元ともなりつつあるITツールは、果たして彼女たちの味方か、敵か?

1211_akb_ill.jpg
(絵/エンライトメント)

 景気低迷に歯止めがかからない今の日本において、“手堅い景気刺激策”ともなっているのがアイドル産業だ。中でもAKB48をはじめ、SKE48やNMB48など“48グループ”がもたらす経済効果は、一説には年間300億円ともいわれるほど。その勢いはIT業界にも波及し、2011年12月より48グループの18歳以上(現在は13歳以上)の全メンバーにアカウントを持たせることで日本の市場開拓を謀ったSNSサービス「Google+」は、大量のユーザー獲得に成功。日本国内のネット視聴率を調査するニールセン社の発表によると、今年6月にはAKB48選抜総選挙を生中継するなどの連動企画も実施したことで、前月比136・2%となる485万人もの訪問者数を記録。サービス開始当初の11年7月には91万人だったことを考えると、驚異的な伸び率で普及しており、その一翼を担ったのが48グループであることに疑いはない。

 しかし、48グループにとっては、このGoogle+がスキャンダルの火種をまく“諸刃の剣”と化しているのも事実。今年8月には、当時HKT48に在籍していた古森結衣が「芸能界の世界がこんなに恐ろしいのも知りました。たくさん学んだな。人って簡単に信じちゃだめなんだね。本当にありがとうございました。」と、卒業を匂わせるメッセージをなんの前触れもなく投稿し、すぐさま削除されるという事件が勃発。さらに翌日には、運営側から彼女含む5人のメンバーの卒業が事後報告されるという異常事態が起こり、その理由についても「一身上の都合により、活動を辞退したいとの申し出がありました」としかアナウンスされなかったため、ファンの間では「何かスキャンダルを起こし、一斉に解雇されたのでは?」という臆測が広まった。後日、古森の父が「週刊文春」(文藝春秋/9月6日発売号)の誌面にて「娘以外の4人が男性ファンの自宅に泊まり、娘はその巻き添えを食らった。不当解雇だ」と告発したこともあり、“一身上の都合”とやらが穏やかなものでないことは確かなようだ。

「実際のところ泊まったのは誰か……など、詳細な部分についてはわかりませんが、とにかく辞めたメンバーたちがGoogle+のチャット機能を使い、ファンとつながってしまったことは間違いないようです。たぶん、そのやり取りも自分のスマホやPCではなく、Google+の更新のためにドコモから支給されたスマホで行っていたようで。これはHKT48に限った話ではなく、使い放題にできるスマホが支給されたのをいいことに、学校や地元の友達とチャットでやり取りしていたメンバーは結構いましたからね。そういうメンバーは、総じてデビューしてから日が浅く、まだ子どもに近い年齢の子たちなので、リテラシーが低いのも仕方ありませんが……。だからこそ、運営側の大人たちがしっかり指導しなきゃいけないのに、ただスマホを支給するだけで使い方もろくに教えていなかったんですよ」(元内部関係者・A氏)

 さらに、別の元関係者・B氏は、NMB48についてもこう指摘する。

「NMB48なんて、運営側が『チャットで私用のやり取りは禁止』とお達しを出したのは、HKT48の騒動があってからだったんですよ(笑)。まぁ、あそこは吉本興業の系列だけあって、お笑い事務所ならではの“事後処理型体制”なので、もともとリスクヘッジができないんですけど……」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』