>   >   > ITの偉人たちを【精神医学】で考察!

──ここでは、IT長者たちの「奇行エピソード」を題材に、成功者に求められる資質を精神医学的に探っていこう。「コミュ障」と「ビジネス」の関連性に造詣が深い精神科医の姜昌勲先生にお話をうかがった。

1211_az_komyu.jpg
姜昌勲先生の著書『あなたのまわりの「コミュ障」な人たち』。

 まず、スティーブ・ジョブズからいきましょう。彼は空気を読まない男でした。ベジタリアンは体臭が出ないという持論のもと、シャワーをまったく浴びず、周囲のひんしゅくを買っていた時期も長かったそうです。性格的には短気で冷淡。商談相手を罵ったり、恩人を平気で裏切ったり、部下の手柄を横取りすることもあったとか。

 また、ジョブズの指示は細かすぎて、現場が混乱したり失敗することも多々。それでも彼はまるで自省せず、「僕の内側にあるもの」にこだわり続け、生涯、口出しを続けました。

 こうした偏りのあるコミュニケーション術は、発達障害でいうところの「アスペルガー障害」の特徴に当てはまります。この疾患は自閉症の一種で、(1)社会的相互交渉の障害、(2)興味の限局(こだわり)、(3)コミュニケーション障害、という特徴があります。

 マーク・ザッカーバーグも、ジョブズに似ています。広告収入には関心を持たず、大金を積まれても会社を売ろうとしなかった頑固さや、スウェット姿で投資家説明会に登場するKYな点などは、アスペルガー的。また、学生時代のザッカーバーグは片付けが苦手で、机の上には空き瓶や食べ残しがいつも山積みになっていたそうですが、これは「ADHD」という疾患によく見られる症状です。ADHDは「忘れ物をする」「集中力にバラつきがある」「片付けができない」などの不注意症状と、「落ち着きがない」「待てない」「よく考えずに行動に移して失敗を繰り返す」などの多動症状、衝動症状からなります。

 ADHDは「注意欠如多動性障害」と和訳されますが、注意が丸ごと欠如しているわけではありません。興味のないことはほったらかしだけど、興味のあることには異常なまでの集中力を発揮する。それが大きな特徴です。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」