サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【韓国芸能界】に“神”KAZUKIが出し抜かれた!?
1210_limited_god.jpg
韓国企業とのトラブルを抱え、憤懣やるかたない様子のゴッドプロデューサー・KAZUKI氏(写真左)と、国連世界動物救済支援機構詩月財団・理事長の詩月氏(右)。

 最近、一部のスポーツ紙や週刊誌に、とあるスキャンダルが掲載された。Kポップガールズグループ・ワンダーガールズの名を使った、化粧品詐欺まがいの事件が起きているというのだ。概要としては、彼女たちの事務所・JYPと契約を結んだという韓国の化粧品会社と代理店を通じて、ワンダーガールズの名前を冠し、彼女たちをパッケージに起用した化粧品のプロデュースと日本国内独占販売を日本人に持ちかけた。しかしその後、パッケージ開発を進めて流通販路を決め、代理店を介して商品の半金も支払ったその日本人に対して、必要な画像素材が一切届かず、どれだけ急かしてもなしのつぶて。これはほとんど詐欺ではないか──というもの。

 ワンダーガールズは、2007年に韓国でデビューし「Tell Me」でブレイク、その後は少女時代やKARAなどにいささか水を開けられていたが、この夏、ようやく満を持して日本デビューを果たした5人組だ。彼女たちが所属するJYPエンターテインメントは、その他にボーイズグループの2PM、2AMなどを擁し、韓国内では東方神起・少女時代のSMエンタテインメント、BIGBANG、2NE1のYGエンタテインメントと肩を並べる一大芸能事務所である。どこの馬の骨とも知れないような弱小プロダクションならいざ知らず、韓国芸能界の御三家たるJYPが絡んでいるということで、この事件は注目を集めつつある。

 そしてこの巻き込まれた当の日本人とは、熱心な「サイゾー」読者にはおなじみの誰あろう、あのゴッドプロデューサー・KAZUKI氏なのだ。小室哲哉逮捕時に「小室には会ったことがない」と豪語しながら暴露本を出版し【別記事参照】、故・真樹日佐夫師と『あしたのジョー』続編の映像化をぶち上げ【別記事参照】、そして本サイトではブレイク前のチャン・グンソクとの邂逅を語った【別記事参照】、あの男である。KAZUKI氏はこう語る。

「まず最初に、JYPと韓国の化粧品会社“ダルエンターテインメント”が、彼女たちの化粧品の世界的な販売権と製造を含めた契約を結んでいた、と俺は聞かされている。そこから韓国の“KDRインターナショナル”(以下、KDR)という代理店に販売が委任され、そこが日本国内の韓国系企業に日本での販売を依頼した。KDRは、以前に取引があった俺のところに、『国内での販売と日本向けパッケージのプロデュースを頼みたい』と持ち込んできたという流れ。それで俺は快諾して、日本での販路も決めて、商品の半金48万円をKDR経由で支払った。なのにその後は、画素数が低くてまったくパッケージデザインになんか使えないようなワンダーガールズの画像が数点届いただけで、サンプル用のマスカラ3000個も届かないまま、もう4カ月近く進展がない状態になってしまったわけだ。日本でワンダーガールズを手がけているソニー・ミュージックエンタテインメントにも問い合わせたけど、『JYP側は、そんな取引は存在しないと言っています』ときた。このままではデザイン会社と納入業者に、1000万円近い違約金を支払わないといけなくなるのに、返金の連絡にも応じない! そしてさらにややこしいことに、ここにチェ・ジウが絡んでくるんだよ」 


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年7月号

ヤバい本150冊

ヤバい本150冊
    • どうなる【出版業界】の諸問題
    • 【クラウドファンディング】ヤバい本
    • 【ネットの自由】を啓発する思想本
    • 【A-THUG×BES】の獄中読書
    • 識者が推す【ラップ】現代史選書
    • 【橘ケンチ×手塚マキ】読書の愉楽
    • 【椿原愛】Fカップ読書グラビア
    • ベストセラーを生む【書籍広告】
    • 【アジア移民文学】に見る差別の現実
    • 【世界の移民】たちが叫ぶ幸福論
    • 増加する【脱北者】文学
    • 【朝の読書】のイビツな思惑
    • ポリコレNGな【童話】の世界
    • 米国で【禁書】扱いされる童話
    • 【人間革命】本としての評価

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集

NEWS SOURCE

    • 【ピエール瀧】に非情な処分を下したソニー
    • 増税前に選挙を!【安倍政権】の思惑
    • 映画【新聞記者】が与えた永田町への衝撃

インタビュー

    • 【芽島みずき】ポカリガールは14歳の美少女
    • 【日比遊一】樹木希林も認めた映画監督の実力
    • 【ROLAND】「俺か、俺以外か。」名言ホストの野望

連載

    • カバーガール/平嶋夏海
    • 【高崎かなみ】期待の新人モデル水着撮
    • 【川栄】ベイビー
    • 【Wi-Fi】の電波が人を安心させるサービスに
    • 【更科功】化石人類から見える人間の根源(後)
    • 高須基仁/後藤新平と大谷翔平の2大「平」が時代を切り開く
    • 罵声飛び交う【三社祭】の醍醐味
    • 過酷な中国受験戦争【教育アプリ】の進化
    • 【ゲーム・オブ・スローンズ】とヒップホップ党
    • 町山智浩/【ロング・ショット】ロマコメの最新系主人公
    • 【官邸】への権限集中が招く弊害と行く末
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/トランプと接待バカ一代
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『家族はつらいよ』後期高齢者向けポルノの戯論
    • 【処方薬でキマる】アメリカ薬物事情
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊藤文學/三島由紀夫に美輪明宏、薔薇族を彩った著名人
    • 幽霊、卑しき自己啓発本サロン商売。
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」