連載
キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」第3回

人生達成率0~1割のキンコメ・高橋が嘆く「もっとドキドキできるアイドルと仕事したい」

+お気に入りに追加

どんなに立派なお言葉も、決して素直に受け取らない卑屈家が2人。そのこじれた思考に、偉人たちの格言を浴びせてみると……?

今月の格言

「人生は希望を6割達成できればまあまあいい。7割いけば上出来である。8割できれば感謝すべきなのである。」

藤田田(ふじた・でん)
1926年大阪府生まれ。71年に日本マクドナルド、89年におもちゃ専門チェーンの日本トイザらスを創業し、日本の大衆文化に大きな変革をもたらした実業家。04年没。

 連載も無事に第3回を迎えたわけですが、どうですか? ご自分で読まれたりしてますか?

 うん。なんか、俺が偉そうなんだよね。だから雰囲気をセルフプロデュースする必要があると思いまして、小明さん、本日もおきれいでございます。お洋服も素敵で。

 えっ、やだ、気持ちが悪いですよ(笑)。

 このように、皮肉でも言葉遣いを変えるだけで、柔らかく聞こえる。

 皮肉……? ムカつくなぁ、さっさと格言いきますよ! 今回は「人生は希望を6割達成できればまあまあいい。7割いけば上出来である。8割できれば感謝すべきなのである。」という、マクドナルドの藤田田さんの格言です。

 いやぁ、すばらしいお言葉!

 ……本当にそう思ってます?

 でも、本当にすごいですよね。「8割できれば」って、8割ってもうパーフェクトに近くないですか?

 確かに。私は部屋が汚いんですけど、掃除も8割に到達できたことないですもんね。6割くらいで上出来じゃないですか。

 家事に例えましたね(笑)。でも、100%理想の部屋になんかなったりしないですよね。私も41年同じ家に住んでいらっしゃるのですが、成功されてる方の部屋に遊びに行かせていただくと、120~150%の部屋だったりするのですよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』