>   >   > 文化左翼は戦う敵を間違えていないか
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第20回

文化左翼は戦う敵を間違えていないか

+お気に入りに追加
1108_littlepeopleera.jpg
『リトル・ピープルの時代』

──既得権益がはびこり、レッドオーシャンが広がる批評界よ、さようなら!ジェノサイズの後にひらける、新世界がここにある!

 最近、いわゆる「危険厨」から嫌がらせを受けることが多い。先日は拙著『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)へのAmazonレビューで、ある人物(〈「文化人ロビイスト」なる自称プチ活動家〉とネット上のプロフィールにはある)から「宇野の影響で野田首相は原発再稼働を決定した」と書かれ、さらにツイッター上でもしつこく絡まれた。もちろん、僕は野田首相のブレーンでもなんでもなく(むしろなりたいくらいだが)、それはこの「プチ活動家」氏の捏造(妄想?)だ。

 彼の挙げる論拠は、僕が原発事故直後のニコニコ生放送で「安全厨/危険厨」を批判したこと。番組を見た人はわかるだろうが、これは当時ネット上で急増していた、陰謀論的な妄想に駆られて危い情報を垂れ流す人々への批判だ。「安全厨」を批判していることからも明らかなように、原発推進派に与しているわけでもなんでもない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載