>   > アジアでもモテモテのおデブなあのお方 猫...
第1特集
「一億総アイドル化」の光と影【4】

アジアでもモテモテのおデブなあのお方 猫ブームでいま最もアツイ カリスマメタボ猫登場!

+お気に入りに追加

0807_metaboneko.jpg
「おなかの毛の触りごこちは極上のムートン。太陽がたっ
ぷりしみこんだ、干した布団のにおいがします」とsatoさん。
(写真/田村昌裕)

 土鍋の中にまるまって寝る、子猫たちの愛らしさを収めた動画『ねこ鍋』が爆発的人気を呼び、DVD化&書籍化されて話題になったのは07年夏のこと。それ以降も、和歌山県の赤字ローカル線が、三毛猫の「たま」を駅長に任命したところ、猫の駅長を一目見ようと見学ツアーが組まれるほどの営業効果を生んだり、ブログでは数百万ヒットのアクセス数を誇る"スター猫"の「ニャン吉」や「まこ」などが華々しいデビューを飾って、ジャニーズ黄金時代を彷彿させるオーラをお茶の間に振りまいたりしている。さらに、全国の都心部では猫と遊べる「猫カフェ」が増殖中など、確実に"猫ブーム"と呼べる状況が続いているようだ。

 この猫ブームは、86年のヒット映画『子猫物語』以来、20年ぶりの大規模なものと業界は活気づいている模様。じゃあ、それに本誌も便乗して、次世代の"スター"を発掘しちゃいます!

 その名は「めんまさん」。オスの8歳(猫年齢で48歳相当)というから、人間でいえば船越英一郎や大江千里と同い年の中年真っ盛り。だけど、ウエストは押切もえより1センチだけ太い57センチで、体重は23型液晶テレビと同程度の9.6キロ。言っとくけど猫の話ですよ。そうです、めんまさんはギガント級の"カリスマメタボ猫"なのです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』