>   > 軍事ジャーナリストが明かすスパイとITの...

―当特集【1】 【2】までは軍事とITの密接な関係を見てきたが、軍事機関において情報を扱ってきた諜報部門は、どのように変わったのだろうか? IT社会における諜報機関やサイバー戦争の現状を、軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏に聞いた。

1110_kuroi_02.jpg
黒井文太郎氏の著書『日本の情報機関』(講談社)。

 ITの進化は、当然軍事活動における諜報分野にも大きな影響を与えました。諜報活動というと映画に出てくるスパイのようなイメージが強いですが、冷戦後の1990年代半ば頃からはOSINT(Open Source Intelligence)と呼ばれる"公開情報をいかに収集、分析するか"に重点が移っています。今では、各国の諜報機関が必要とする情報は、機密情報を含めて95%がネット上にあるといわれており、10年にはイスラエル兵のフェイスブックからゲリラ掃討作戦の情報が漏洩したなんて話もありました。もちろん諜報機関はそこまで直接的な情報に限らず、軍事や経済などに関する現地のシンクタンクの発表データなどを収集、分析し、他国の動きを推察しています。加えて、各国政府などのネットワークに侵入できれば、今までスパイが苦労して要人たちから引き出していた何倍もの量の機密情報が一気に手に入るわけです。

 盗聴などの従来の手口も盛んに行われていて、アメリカやイギリスが開発した盗聴システム「エシュロン」は有名ですね。こうしたデータ収集分野は、アメリカが各国の10年先を行っていて、予算的にも日本の国防費全体に匹敵する約5兆円を情報分野に回しています。それでも集めたデータが多すぎて分析が追いつかないのが現状です。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 130キロのダイエットに成功しても松村邦洋がいまだに“ライザップボディー”を披露できない理由2017.9.23
  2. 2安室奈美恵の母親取材と殺害事件――安室奈美恵の母との交流2017.8.6
  3. 3【人気美人YouTuber・奈良岡にこ】が“脱いでみた”――「YouTubeの活動は女優業へのフィードバックになるといいな」2017.9.18
  4. 4「バーニングを絶対潰す!」“芸能界のドン”を追及し、“無実の罪”で逮捕された暴力団組長が命を懸けた反撃宣言2014.5.15
  5. 5『HiGH&LOW』で描かれる「絆」は綺麗事なのだろうか? EXILEのドキュメンタリー番組から山王連合会問題を読み解く2017.9.17
  6. 6小説家も唸る! 海猫沢めろんが語る「『HiGH&LOW THE MOVIE2/ END OF SKY』の脚本ココがスゴい!」2017.9.16
  7. 7元SMAPメンバー、キムタク以外は茨の道! ジャニーズが来春に“報復”を開始する!!2017.9.22
  8. 8涼海みさちゃんの美しすぎる乳輪で学ぶ!「いったいなんのためにある?」 なぜ?なに?乳輪入門編2017.7.22
  9. 9アクション映画としての矜持!常軌を逸した演者たち!そして「ヤンキー卒業問題」…『HiGH&LOW』新作の”ヤバさ”を語り尽くす!2017.9.14
  10. 10「コブラ=岩田剛典どうする問題」勃発!『HiGH&LOW』新作映画で浮かび上がった課題と期待2017.9.15
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

インタビュー

連載