>   > 元検事・郷原信郎が選ぶ「検察」の真実がわ...
1107_ricruitjiken.jpg
(写真/磯部昭子 A/M)

 まずは日本に2年間滞在したアメリカ人研究者が、日本の検察の実態を明らかにした『アメリカ人のみた日本の検察制度』【10】を推薦します。海外の検察組織と比較して、著者は「日本の検察はパラダイスだ」と言い切っている。日本の検察が、捜査においても裁判においても、外部からの介入を受けないで判断できる、世界でも類を見ない組織であるからです。著者はそれを詳細なヒアリング調査によって明らかにし、日本の検察を知る上で非常に貴重な文献といえるでしょう。93年に起きたゼネコン汚職捜査による仙台地検担当検事の暴行事件をはじめ、具体的な事件について、背景となった検察の構造的問題に踏み込んで記述しているところも、日本のメディアにはない視点だと思います。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載