>   > 『ゲーム実況』のカリスマ・ルーツが語る─...
第2特集
ニコニコ動画研究──その死角と展望【4】

『ゲーム実況』のカリスマ・ルーツが語る──「ニコ動で人気が出ても、世間じゃな〜んにも通用しない!?」

+お気に入りに追加

――自らが作ったRPGゲームの実況動画を投稿したことによって、人気投稿者のひとりとなったルーツ氏。それがきっかけでウェブ上でのマンガ連載、果てはマンガ家デビューを果たしたという異色の経歴を持つ氏だが、そこには人知れぬ苦労もあったようで──。

surume0507.jpg
ルーツ氏が「月刊コミックバーズ」にて連載中『するめいか 1』

 2007年くらいに、ニコ動で偶然見た『ファイナルファンタジー4』のゲーム実況に衝撃を受けて、自分もすぐに動画投稿を始めたんです。それまではMAD系の動画ばかりだったから、コレは斬新だと思って。ランキングで上位に食い込むのがモチベーションで、再生数が増えるのを、いつもひとりでニヤニヤして見てました。そうしたら実況を見た編集者の方に声をかけていただいて、幻冬舎ウェブマガジンで連載スペースをもらえることになり、そこで僕はマンガを描いていて、それが「コミックバーズ」での連載につながっていきました。 だからマンガ家になれたきっかけはニコ動だったんです。

 でもいまだに"ゲーム実況の人"と思われることが辛くて、この前ブログで引退宣言をしました。「ずっと見てました」って言ってくれる人もいてうれしかったんですけど、ニコ動での人気は、社会ではなんの実績にもならないんだとたびたび感じます。就活の時「ゲーム実況で何十万再生されました!」って面接官に話したら、ポカーンとしてましたし(苦笑)。人気が出るとチヤホヤされて気持ちいいけど、それは結局ネット上だけでの話。そのギャップへの戸惑いはありましたね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年7月号

コーネリアスが語る沈黙の11年

コーネリアスが語る沈黙の11年
    • 【小山田圭吾】が語る音楽と息子

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 一ノ瀬りと「私の全部」

インタビュー

連載