>   > 木村カエラも魅了する原宿系人気読モ・きゃ...
1105_carry.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。(写真/チャニ・キム)

 雑誌「Zipper」や「KERA」などで活躍する読者モデル・きゃりーぱみゅぱみゅ。最近では木村カエラが「きゃりーちゃんのブログにハマってる」と公言したことをきっかけに、雑誌の読者層以外にも認知を広げる超人気読モは、どうやって今のポジションを築いたのか!?

 私、中学まではファッションにこだわりがなかったんですよ。それがちょっとギャル系に目覚め始めた高校1年生の終わり頃に原宿へ行ったとき、たまたま雑誌「KERA」のストリートスナップに載って。そこから「もっとオシャレしたい!」って思うようになって、何度か撮影に呼ばれるようになり、読者モデルになりました。最初は「雑誌に載れて、お小遣いもらえてラッキー」くらいの軽い気持ちだったのが、見てくれる人が増えて、ちゃんとしなきゃって思うようになりましたね。でも学校も休めないので、高校時代は学校行って放課後はずっと撮影で……っていうのがほとんど毎日で。1年くらいはひとりで活動していたんだけど、どんどん仕事が増えて、スケジュール管理も自分でできないくらいに忙しかったです。今は事務所で管理してもらってます。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1別れる前のハワイ旅行はお約束? ZOZOTOWN社長にポイ捨てされた紗栄子、社長夫人の夢敗れたり!?2016.7.18
  2. 2『もののけ姫』の石火矢衆は犬神人そのもの――祇園祭でも大活躍!中世賎民が担った役目2016.7.27
  3. 3【旅行雑誌には載らない"京都"裏案内】そこには、“夢”があった――ANARCHYが誕生した向島団地の真実<前編>2016.7.18
  4. 4『笑点』という大輪の花は、テレビに適応できず死んだ噺家たちの屍の上に咲いている――幽霊、落語から落日のテレビを観る。2016.7.25
  5. 5かわいいだけじゃやっぱりダメ!? フジテレビ・細貝沙羅アナウンサー人事異動に見る女子アナに必要な資質2016.7.7
  6. 6大本教誕生の地・綾部――京都・まほろばの里「志賀の七不思議伝説」の謎2016.7.26
  7. 7「餃子の王将」社長はなぜ射殺されたのか――同和問題に暴力団、行政の腐敗…京都社会の裏を描くブックガイド2016.7.28
  8. 8アメリカン・ドリームを掴んだ男の転落人生――「夫はベネズエラで死にました」2016.7.14
  9. 9黒木瞳の娘が起こした暴行事件――その被害者が芸能界デビューのナゼ2014.7.26
  10. 10過疎と高齢化がすすむ京都府の山奥に移住するワケ――京都市内だけが京都ではない!Iターン増えるもうひとつの京都2016.7.26
サイゾープレミア

2016年8月号

サブカル化するテレビと芸人の命運

サブカル化するテレビと芸人の命運
    • 【テレビを殺す】のは一体ダレか?
    • 芸人は皆【最期の仕事】を選べない
    • 【ビートきよし】が語る"引退"

サメと現役JKのキケンな邂逅

サメと現役JKのキケンな邂逅
    • 夢アド【京佳ちゃん】サメと絡む

インタビュー

連載