>   > 対談 おおひなたごう×とり・みき──「『...

 ギャグマンガ家たちが、それぞれの絵とひねりの利いたギャグで大喜利をかますイベント『ギャグ漫画家大喜利バトル!!2010』がDVDとなった。そこで今回、主催者のおおひなたごう氏と、第2回チャンピオンのとり・みき氏の対談を敢行。『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』の舞台裏とともに、すでにベテランの域に達している2人に、ギャグに対する思いや、昨今のギャグマンガについてなどを語り合ってもらった──。

1104_gyagumanga.jpg
(写真=松村隆史)

──おふたりにはぜひ、ギャグマンガ界のやばい話などを伺いたいです。

とり・みき(以下 ) そうですねぇ。昔は、ものすごいページ数を描かされている作家さんもいたから、精神的に大変だった人は何人もいましたけど。

おおひなた(以下 ) いま、それほど量を抱えている人は、いないんじゃないでしょうか。

 おおひなたくんの周りで、ヤバい人はいます?

 あー。知り合いのギャグマンガ家が最近、連絡つかないんですよ。

 え、いつから?

 年1回ぐらいは、電話で話してましたけど。ここ最近、電話にも出てくれない。ちょっと前に、彼の家の近くを通ったんで、ちらっと中の様子をうかがったら、誰もいない感じで……まさか死んではいないでしょうけど。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年5月号

学校では習わない"日本のキリスト教"史

学校では習わない

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」
    • 連続解散に見る【アイドル】の限界
    • 【里咲りさ】が語るグループの終わり方
    • 【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説