>   > 机の中が汚いとバットで殴られる........
第1特集
裏社会と児童養護施設のキケンな関係【3】

机の中が汚いとバットで殴られる......児童養護施設で虐待を受けた子どもたちの心の闇とは?

+お気に入りに追加

──当特集【2】で石原伸司氏がインタビューで語った、児童養護施設内の職員による児童虐待問題──。その実態を確かめるべく、実際に虐待を受けたY子さんに話を聞いた。

1103_cover_jidouyougo3.jpg
『夢をかなえる力』

 95年、当時8歳だったY子さんは、2人の弟と共に茨城県の某児童養護施設に入園。そこで7年間にも渡り、職員から暴力や言葉による虐待を受け続けた。02年に大学の実習で同園を訪れていた女性が告発したことにより、その事実は白日の下にさらされ、当時の園長を含む6人の職員が退職する事態に発展。メディアでも大々的に報じられることとなった。

 彼女は家庭の事情により、生後約半年で乳児院に預けられ、3歳から8歳までを東京の児童養護施設で過ごした後、件の養護施設へと移ったのだが、すでに初日の夜に"異変"は感じていたという。

「昼に迎え入れられた時は、母親も一緒だったので、職員はみんな温かく接してくれたんですよ。でも、夜になって寝ていたら、あちこちで職員の怒鳴り声と子どもの泣き声が響きだして……。その時に『今までいた施設とは違う』って思いました。それから1週間後には、私や弟たちも、ほかの子どもたちと同じように暴力の対象にされていましたね。寝ているのを起こされて、理由もなく叩かれたり、『机の中が汚いからお仕置きする』と言われて、お尻が腫れ上がるまでバットで殴られたり……。たった2歳の子に、泣きやまないからって、口にスリッパを無理やり突っ込んだりもしてました」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』