>   >   > とにかく陽気に! 『ダークナイト』の次に...

──低迷する映画業界よ、こんな時代だからこそ攻める映画を! 保守的になりがちな映画業界に喝を入れる映画評。映画を見る前にこれを読むべし!

2011年1月号 MOVIEクロスレビュー

■キムタク古代をどう見るか!?

1011_yamato.jpg

『SPACE BATTLESHIP ヤマト』
監督/山崎貴
原作/西﨑義展
出演/木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、堤真一、西田敏行ほか
配給/東宝 公開/12月1日
 いわずと知れた日本アニメの古典的名作『宇宙戦艦ヤマト』初の実写化。『日本沈没』の樋口真嗣が監督を務めるという話だったが『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴監督に交代したことや、キャスティングなど、公開前からさまざまな前評判が飛び交う超話題作。


【映画文筆業・那須評】
★★★★★★☆☆☆☆
良くも悪くもにじむレトロ感
『宇宙戦艦ヤマト』のリアルタイム世代ではないが、あのテーマソングは別で、序盤で流れただけで半分ぐらいテンションが上がってしまった。木村拓哉という不動のスター(ビジュアルのみならず声の存在感もすごい)を中心とした、熱く波瀾万丈の人間ドラマはよくも悪くも劇画タッチのいかめしさがあり、CGによる宇宙船や兵器の描写も含め、最先端のSFというよりは過去の時代が思い描いた未来というレトロな味が逆に出ていたと思う。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載