>   > せつないラブソングでカレーラーメンをPR...

──一発当たればいろいろオイシイと思われているB級グルメ。でも中には、便乗感まるだしのPRもある様子。ちょっとアレな、"B級"町おこしを集めてみました~。

1101_houto.jpg
ほうとうは、山梨だけのものじゃない!  埼玉県深谷市の「煮ぼうとう」は、07年の埼玉B級ご当地グルメ王決定戦で優勝した逸品ですぞ!

 B級グルメのブームに乗っかって、さまざまな地方自治体が、B級グルメにちなんだ町おこしを行っている。だが、このPR方法は大丈夫なの? と思えるような活動もある様子……。おらが村の涙ぐましいプロモーションをご紹介。

 まずは東京のベッドタウン「埼玉県」のこの事例。一部から「ダサイたま」という不名誉な称号を与えられている同県では、そんなイメージを覆すべく、今年1月「埼玉『超(ちょ~)』観光立県宣言」を発表した。県内全70市町村で「ご当地ゆるキャラ」を考案、人気アニメの舞台となった街を使ってのイベントなど、サブカルなコンテンツを最大限に利用した"県おこし"を展開。その一環で、各市町村が最低ひとつ、地元の名物を強化したり、名産品を使ったB級グルメを開発している。水で溶いた小麦粉を鉄板で焼いた「行田フライ」や「所沢焼だんご」など、もともと地元で食べられていたものもあれば、加須市の「加須市みんなで考えた肉味噌うどん」など、担当者の苦労が垣間見られる商品も。もう『ダサイたま』とは言わせない、そんな必死さが伝わってくる宣言だが、なんだか『B級県』という立場を認めたともとれる?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」