>   >   > 反日デモは中国崩壊の前兆? 中国における...
連載
萱野稔人の"超"現代哲学講座 第6回

反日デモは中国崩壊の前兆? 中国における反日ナショナリズム高揚の真意

+お気に入りに追加

国家とは、権力とは、そして暴力とはなんなのか......気鋭の哲学者・萱野稔人が、知的実践の手法を用いて、世の中の出来事を解説する──。

1101_kayanobon.jpg

第6回テーマ
「中国の民主化とナショナリズム」

[今月の副読本]
『民族とナショナリズム』
アーネスト・ゲルナー/岩波書店(00年)/2520円
イギリス哲学界の巨人が論じた、ナショナリズム研究の古典とされる一冊。政治社会学、社会人類学などの博識からナショナリズムの本質にアプローチした同書は、現代の名著と評され、数多くの分野に影響を与えた。


 9月に起きた尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件では、起訴前に船長が釈放されたことで、「中国外交の勝利」ということがさかんに中国メディアによって報道されました。それを受けて日本でも、政府の外交姿勢を批判する論調が強まり、その過程で海上保安官による衝突ビデオの流出事件まで起きました。しかし、前号でも述べたように、今回の衝突事件がどこまで「中国外交の勝利」だったのかについては、疑問の余地が大いにあります。今号ではそれを、ナショナリズムの問題を通じて考えてみたいと思います。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

インタビュー

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』