>   > ニューハーフ界の至宝を直撃!! "大先輩...

0801_karuserumaki.jpg
(写真/黒瀬康之)

19歳で去勢手術、61歳で性別変更......と、唯一無二の生き様でもって、芸能界のゲイシーンに風穴を開けてきたカルーセル麻紀氏。おネエブームの酸いも甘いも知り尽くした彼女は、現在のブームをどう見るのか?

──"先輩"の目から見て、現在のおネエタレントの活躍をどう思いますか?

カルーセル麻紀(以下、) いいと思うわよ。アタシ、『おネエ★MANS』っていうネーミングもすごくいいと思うの。差別的な感じがしないから。『カマーズ』とかだったら、不快だけどね。「オカマ」って言葉は今ではメジャーだけど、アタシたちにとってはすごく嫌な言葉で、差別用語なの。関西ではいまだに放送禁止用語なのよ。

──それは一体、なぜですか?


サイゾープレミア

2017年3月号

グラビア写真学

グラビア写真学

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

インタビュー

連載