>   > ブームに賛否の嵐が!? 2年に一度大型新...

0801_one_tobira.jpg
(絵/佐藤"ブライアン"勝彦)

──2010年、女装コラムニストのマツコ・デラックスが、戦場カメラマンの渡部陽一氏やAKB48などと並んで"今年の顔"と称され、多くのメディアで八面六臂の活躍を見せています。そのインパクトのある見た目と矢継ぎ早に繰り出される辛辣なコメントで人気となったマツコ・デラックスですが、彼(女?)だけでなく今年は多くのおネエ系タレントが世間の注目を集めました。

 連載「愛のズルむけい地」でもおなじみの徳光正行氏擁する徳光家の"最終兵器"ことドラァグクイーンのミッツ・マングローブ、「ドドスコスコスコ......ラブ注入(は~と)」のフレーズで人気の楽しんごなど、おネエタレントは今まさに花盛りの様相を見せています。

 そもそも古くは美輪明宏からおすぎとピーコ、朝川ひかる(参照)を輩出するなど、定期的に盛り上がりを見せてきたおネエタレントブーム。2007年10月には、おネエタレントをメインに据えた『おネエ★MANS』(日本テレビ系)が、全国放送のゴールデンタイムでレギュラー化されたことでも話題となりました。そんな『おネエ★MANS』はすでに放送を終了していますが、現在も実質上の後継番組『魔女たちの22時』(日本テレビ系)を放送中。同番組内ではモデルの佐藤かよが性同一障害を告白していたりと、おネエタレントに加えて、同性愛や性同一性障害に関するトピックは尽きることがありません。

 そんなおネエタレントブームを読み説くために、今回の限定企画は『おネエ★MANS』から同性愛や性同一性障害のメディアでの扱いを深~く考えられる特集となっております。なぜ、彼(女?)たちがこぞってメディアに取り上げられるのか? 現在に至るまでの攻防史を知れば、彼(女?)たちの魅力が十二分にわかっちゃうかも!?

(本記事は2008年1月号掲載のものを再構成したものです。)


サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載