>   > ブームに賛否の嵐が!? 2年に一度大型新...

0801_one_tobira.jpg
(絵/佐藤"ブライアン"勝彦)

──2010年、女装コラムニストのマツコ・デラックスが、戦場カメラマンの渡部陽一氏やAKB48などと並んで"今年の顔"と称され、多くのメディアで八面六臂の活躍を見せています。そのインパクトのある見た目と矢継ぎ早に繰り出される辛辣なコメントで人気となったマツコ・デラックスですが、彼(女?)だけでなく今年は多くのおネエ系タレントが世間の注目を集めました。

 連載「愛のズルむけい地」でもおなじみの徳光正行氏擁する徳光家の"最終兵器"ことドラァグクイーンのミッツ・マングローブ、「ドドスコスコスコ......ラブ注入(は~と)」のフレーズで人気の楽しんごなど、おネエタレントは今まさに花盛りの様相を見せています。

 そもそも古くは美輪明宏からおすぎとピーコ、朝川ひかる(参照)を輩出するなど、定期的に盛り上がりを見せてきたおネエタレントブーム。2007年10月には、おネエタレントをメインに据えた『おネエ★MANS』(日本テレビ系)が、全国放送のゴールデンタイムでレギュラー化されたことでも話題となりました。そんな『おネエ★MANS』はすでに放送を終了していますが、現在も実質上の後継番組『魔女たちの22時』(日本テレビ系)を放送中。同番組内ではモデルの佐藤かよが性同一障害を告白していたりと、おネエタレントに加えて、同性愛や性同一性障害に関するトピックは尽きることがありません。

 そんなおネエタレントブームを読み説くために、今回の限定企画は『おネエ★MANS』から同性愛や性同一性障害のメディアでの扱いを深~く考えられる特集となっております。なぜ、彼(女?)たちがこぞってメディアに取り上げられるのか? 現在に至るまでの攻防史を知れば、彼(女?)たちの魅力が十二分にわかっちゃうかも!?

(本記事は2008年1月号掲載のものを再構成したものです。)


Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

インタビュー

連載

    • 【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。
    • 【藤田ニコル】彼氏と聴いてたback number
    • 『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
    • 日本企業の【AI・IoT】は絶望的な結果!?
    • ゲス不倫くらいで騒ぐな!地下格闘技を見ろ!
    • 【菊地成孔】ミュージシャンと文筆家、2つの顔トーク
    • 思い出を作る【米軍基地】の盆踊り
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【2パック】ラッパーの物語が銀幕へ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『デトロイト』
    • 【理工系優位】がもたらす大学教育と知の劣化
    • 小原真史の「写真時評」/戦死者たちの肖像(中)
    • 打ち上げミサイル、下から見るか?横から見るか?
    • ジャングルポケット/ずっと舐めていられる!擬似ちくびの魅力
    • 【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】女心と秋の空は、まるで神隠し
    • 「バイオクイーン」ショコラの果てなき野望
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • YouTuberよどこへ行く…幽霊、現代香具師たちの難儀な炎上
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』