サイゾーpremium  > インタビュー  > 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
インタビュー
独自の空気づくりで映画を醸成する監督

【松居大悟】「映画みたいな劇的な展開って現実にはあまりない」――気鋭の劇団主宰者による映画作り

+お気に入りに追加

――自身の主宰する劇団ゴジゲンの舞台を成田凌主演で映画化し、映画監督としても注目の松居大悟。彼が舞台の雰囲気をスクリーンでどのように表現したのか?

2105_ARI0057_520.jpg
(写真/有高唯之)

「『こんな情けない映画を撮ってるんだから』と、盛り上がって、撮影中はルールとして、キャスト6人と、プロデューサー、監督の僕は禁欲を約束しました。すると、撮影の最中はみんな、どんどん童貞の顔になってきたので、狙い通りでしたね」

 そう語るのは、成田凌主演の映画『くれなずめ』で監督を務める松居大悟。26歳、自身も童貞のときに『アフロ田中』で商業映画デビューを飾った松居だが、30代半ばになっても、その精神は健在だ。

「『このキャラクター、俺たちみたいだ!』って、お客さんに思ってほしいんですよね。めちゃくちゃイケてる奴らがモテない役を演じてるのを見ると、『バカにするな!』って気持ちになるじゃないですか。だから、何考えてるかわからない、さえない顔もできる成田くんを主演にして、ハマケン(浜野謙太)や目次(立樹)に親近感を託して」

 松居は過去作『君が君で君だ』でも、池松壮亮に好きな女の子の髪の毛を捕食させるシーンを撮るなど、俳優をイケメンに見せない手腕に定評がある。

 なぜ俳優たちは、松居の前では、自分をさらけ出すことができるのか? 松居は稽古中から、他の映画の現場とは異なる、独自の空気を作っていたという。

「きっちり稽古するより、6人がお互いを信じ合える時間を率先して作りました。リハーサルでは、ずっとダラダラしてましたね。開始時間になっても、立って演技をするのが億劫になるくらい(笑)。ダラダラと下ネタを話して、ダンスの練習だけやって、早めに飲みに行く……そんな一週間でした」

 本作は高校時代の旧友同士の“披露宴から二次会までのやけに長い狭間”を描いている。

 松居の実体験を元に作られた物語ということもあり、キャストも友達同士のような関係性になる時間が必要だったのだろう。

 また、松居の作品はリアリティのある会話が特徴的だ。ドラマで話題を博し、映画化を果たした『バイプレイヤーズ ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』でも、田口トモロヲや松重豊ら、錚々たるメンバーのプライベートのような、ゆるい掛け合いが人気を博している。

「台詞がリアルなのは、普段、演劇の現場でエチュード(即興芝居)から生まれたセリフを起こしたり、飲み会で友達が言った何気ない冗談をずっと覚えてたりするからかも。キメ台詞とか、映画みたいな劇的な展開って、現実にはあまりないじゃないですか。映画では大喧嘩したら、わかりやすく仲直りするけど、リアルはそうじゃない。いつの間にか険悪になって、LINEで何気なく仲直りする関係が自然。人間の関係って言語化できないし、定義づけられない状態が好きです」

 さまざまなメディアを横断して活躍している松居だが、拠点はやはり劇団。『くれなずめ』でも、演劇も映画も知る演出家ならではの手法で撮影に臨んだ。

「本作は現実〈結婚式の二次会までの散歩〉と過去〈高校時代や社会人時代の回想〉の2部構成なんですが、現実パートはなるべくワンカットで、お客さんが演劇のようにみたいお芝居を選べるように。過去パートは、思い出って、すべてを鮮明にというより、具体的な瞬間を覚えているものだから、カットを割って“おちょこを持ってる手”とか“ヨックモックを食べる顔”とかフラッシュで魅せました」

 ところで、松居自身は、冒頭の「禁欲」を守れたのだろうか?

「いやー、実際、5、6回はオナニーしちゃいましたね(笑)」

 誰よりも人間らしく、憎めないマルチクリエイター。次はどんな“かけがえのない時間”を切り取ってくれるのだろうか。

(文/小峰克彦)
(写真/有高唯之)

松居大悟(まつい・だいご)
1985年11月2日生まれ、福岡県出身。2008年、慶應義塾大学在学中に劇団ゴジゲンを結成。映画監督としても活動しており、映画では『アフロ田中』(12年)、『男子高校生の日常』(13年)、『君が君で君だ』(18年)、ドラマでは『バイプレイヤーズ』、MVではクリープハイプの「憂、燦々」や大森靖子の「ミッドナイト清純異性交遊」(共に13年)などの作品の監督を務める。

2105_P020-021_img001_300.jpg
(C)2020「くれなずめ」製作委員会

『くれなずめ』
高校時代、帰宅部でつるんでいた6人の仲間たちが、友人の結婚式で余興をやるべく集まった。式で余興がスベった後、6人は披露宴と二次会の間の時間を持て余しながら、昔に想いを馳せる。そして今も友達で、これからもずっとずっと友達でい続けるのだろうと思う。ただ、ひとりを除いては……。
監督:松居大悟/出演:成田凌、高良健吾 ほか/配給:東京テアトル/公開日:4月29日(木・祝)からテアトル新宿ほか全国公開

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ