サイゾーpremium  > インタビュー  > 【ralph】「グライムとかドリルとかマ...
インタビュー
日本のドリルに先鞭をつけた? 黒いバンダナを巻くラッパー

【ralph】「グライムとかドリルとかマジでどうでもいい」黒いバンダナの最注目ラッパー

+お気に入りに追加

――2010年代は“トラップ”なるヒップホップのスタイルが世界的潮流となったが、今は“ドリル”がキテる。日本でその先鞭をつけたように見える男は、何をたくらむのか?

2009_P022-023_33_520.jpg
(写真/西村満)

 レゲエ、ドラムンベース、ハウスをミックスした、グライムと呼ばれるUK産ヒップホップ。2000年代に誕生し、性急なラップとビートを特徴とするそれは、日本では長らくマイナーな音楽だったが、今、ralphというラッパーの登場で注目を集めている。彼は19年3月に「No flex man」という曲でシーンに突如現れ、同年9月にEP『REASON』を発表。以後もコンスタントに曲を出し、この6月には新たなEP『BLACK BANDANA』をリリースした。本作では、2010年代に米シカゴで生まれ、UKに飛び火してグライムとも混ざり、さらに近年は米ブルックリンに逆輸入されて活況を呈す、ドリルというヒップホップ・サウンドも取り入れているように聴こえる。

「自分としては全然意識してないです。最近よく『日本にドリルを持ち込んだ』とか『グライムのラッパー』と言われるけど、そんなのはマジでどうでもよくて。俺はいつも、自分がカッコいいと思う音楽をやってきただけ。今はスピード感のあるラップだけど、Double Clapperz(グライムを軸としたプロデューサー・ユニット)と出会うまではBPM90とかの曲もあったし。でも、どうせなら人に合わせたりするんじゃなくて、自分が好きなスタイルで勝ち上がりたい。絶対に勝てない相手を前に『もうやるしかない』という場面でこそ、本気が出せるから」

 横浜で生まれ、各地を転々とした後、今再び横浜を拠点とするralph。過去はつまびらかにしないが、低所得者層が住む団地での過酷な生い立ちを歌ったANARCHYのMV「Fate」(08年)を見て、我がことのように感じたという。

「12歳くらいで『Fate』を聴いて、自分の中でモヤモヤしてたものが言語化されたんですよね。自分と近い境遇が“ゲトー”と表現されていたり、『真っ暗な家に慣れた小2』というリリックはその頃の俺にとってリアルだったし」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』