サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 【鬼滅の刃】はなぜ売れる? その実力を探る!
ニュース
【サイゾーPremium 特別企画】

『鬼滅の刃』はなぜ売れる? 1年足らずで累計250万部から4000万部に伸びたその実力を探る!

+お気に入りに追加

――マンガとアニメに限らず『鬼滅の刃』が大人気だ。コラボイベントを開催すれば人で賑わい、キャラクターのグッズや菓子も品切れになり、聖地やコスプレスポットにもファンが集まる。なぜ今、『鬼滅』ブームが巻き起こっているのだろうか?

2003_kimetsu_movie_520.png
アニメの続編として制作されている劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』については、来月10日、AbemaTv「鬼滅テレビ」にて新情報発表スペシャルが予定されている。

「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の『鬼滅の刃』の人気が止まらない。同作は主人公・竈門炭治郎が、鬼になった妹・禰豆子を人間に戻すべく、鬼殺隊の一員となって宿敵・鬼舞辻無惨へと迫っていく物語で、2月4日に発売されたコミックス19巻でシリーズ累計発行部数が4000万部(電子版含む)を突破。現在も順調に部数を伸ばしており、またufotableによって制作され、昨年放送されたアニメも好評を博し、今年は劇場版映画が公開される予定だ。

 昨年から始まった『鬼滅の刃』(以下、『鬼滅』)の人気を「社会現象」と形容することに異論を唱える人はもはやいないだろう。その一方で「なぜここまで人気なのか?」ということを解き明かすのは難しい。

 そこで、本稿では『鬼滅』ブームの実態とその実力を、さまざまな角度から探っていきたい。

『鬼滅』がなければ書店は前年比を割っていた?

2003_kimetsugazou_320.jpg
初版150万部を突破した『鬼滅の刃』の19巻。5月に発売される20巻では、ポストカード付きの特装版も販売予定。

「昨年6月から、コミックス全体の売り上げ金額が8カ月連続で前年比を超え続けているのですが、これはほぼほぼ『鬼滅』のおかげと言っていいでしょう。例えば日本出版販売(日版)の調査によると、年始年末(12月28日~1月3日)の売り上げは3年ぶりに100%を超えた上に、12月期、1月期は2カ月連続で店頭売り上げ(雑誌や書籍、コミックスなどの全体売り上げ)の前年比は100%を超えました。しかし、『鬼滅』がなかったらと仮定すると、12月期、1月期ともに100%を割ってしまうそうです」

 そう語るのは出版市場に詳しいライターの諸山誠氏。出版不況が叫ばれて久しいこのご時世だが、昨年の出版市場は22年ぶりに回復し、上昇に転じた。前述の通り『鬼滅』は累計4000万部を売り上げていることからも、同作は出版市場の回復の一役を担ったともいえよう。

 また、同作は昨年12月に出版された18巻の「初版部数100万部」ということも大きな話題となったが、今年2月発売の19巻はそれを上回る「初版150万部」。ただ、過去を振り返るとコミックスの初版が100万部を超えることはそう珍しいことではなく、例えば13年には『黒子のバスケ』と『暗殺教室』(共に集英社)が同時発売で初版100万部を達成しており、『鬼滅』は「ジャンプ」史上21番目の初版100万部超え作品ということになる。その一方で諸山氏は「『鬼滅』の真の実力は既刊の売れ方」と、力説する。

「日販の運営する『ほんのひきだし』というサイトで公開されている、『鬼滅』の最新19巻が発売される前の1月27日~2月2日の集計で、コミックスのベストセラーランキングの1位から18位までを『鬼滅』の既刊が独占しています。最新刊の発売とともに既刊の一部が売れるのはよくあることですが、1巻から最新刊の前巻まで、これほど多くの既刊も一緒に売れるというのは、私はこれまでに見たことがありません。また、日販の店頭POS調査によると、既刊がランキング入りし始めたのは昨年8月中旬頃から。この時期に何があったかというと、ちょうどアニメ版で19話『ヒノカミ』回が放送された直後のタイミングです。この回は『神作画』だとネット上で大きな話題になっていたため、アニメから新規の読者層が増えていったと推測できるでしょう。『鬼滅』は『ワンピース』や『キングダム』(共に集英社)などと比べると、巻数がまだ少なく、集めやすいから既刊も売れているのかもしれませんが、それでもここまで売り上げが伸びたのは驚異的です。昨年2月のシリーズ全体の累計が250万部だったのが、1年足らずで4000万部突破ですからね」

 このようにアニメの視聴者がコミックス市場に流れたことで、既刊の売り上げも急増した『鬼滅』だが、アニメ放送開始が4月なので、既刊も売れ始めた8月中旬というのは、タイミング的には物語の終盤であり、かなり遅いほうと言える。1クール作品が普通となっている、昨今のアニメ業界の実情を考慮すると、「もし『鬼滅』も1クールだったら今のような人気にもなっていなかったのでは?」とも思えてしまう。

 実際「ほんのひきだし」で「ヒノカミ」回の前に発売された巻の順位を見ていくと、4月1日~7日集計のランキングで15巻が8位に、7月1日~7日の集計で第16巻が3位となっている。当時新刊だったのにこの順位であり、じわじわ火が付きつつも、まだ本作の人気が爆発していなかったことがわかるだろう。

 このように、これまでにはなかった売れ方を見せている『鬼滅』だが、その需要に供給が追いついているとは言い難く、現場では「既刊」の品薄状態が続いている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ