サイゾーpremium  > インタビュー  > 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
インタビュー
己なりのリアルを求めて

【ACE COOL】本当の自分を知ってほしい――広島出身の孤高のラッパーが吐いた本心と野心

+お気に入りに追加

――底辺から真上を目指し、日本語ラップシーンの新たな刺客として注目を集めるACE COOL。新作が待たれるいぶし銀のラッパーの口からは、その朴訥なイメージを覆す本音がこぼれた。

2003_DSC0244f_520.jpg
(写真/若原瑞昌・D-CORD)

「ラッパーはボースティングをするし、ステージの上でも(役に)なりきってると思うんです。特に今はキャラクター性が強いじゃないですか、インスタなんかを見ていても。だけど、ホントにそのまんまの人とそうじゃない人がいて、(ラッパーとしての)自分は普段と全然違う。なりたい自分になってる気がするんですよね」

 ヒップホップの世界には、自らをリアルに表現することを旨とし、そこで完結するラッパーもいれば、ラッパーの自分とありのままの自分に境界を引くACE COOLのようなラッパーもいる。穏やかなその話しぶりからは、広島で生まれ育ち、グレることもなく3人兄弟の次男として、ごく普通な家族関係の中で育ったという生い立ちが見えるよう。影響を受けたと語る映画についても、〈キタノブルー〉なる言葉で特徴づけられる90年代の北野武や、ガス・ヴァン・サントの『エレファント』などを好みに挙げるあたりに彼らしさが垣間見られる。

 もともとマンガ家を夢見て、『ろくでなしBLUES』(集英社)や『クローズ』(秋田書店)のような絵やマンガを描いていたという小学生時代を過ごした彼は、中学でヒップホップにどっぷりハマり、遊びでリリックを書くまでに。その後、18歳でラッパーの活動を始めたものの、「先が見えたし、自分の思うカッコいいヒップホップと広島のシーンがズレている」との思いを抱くようになった。そんな背中を押したのは、当時地元のイベントで同じステージに立ったラッパーのAKLOの存在だった。AKLOのファーストアルバム『PACKAGE』は、21歳のACE COOLを上京に導くきっかけとなる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報