サイゾーpremium  > インタビュー  > 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
インタビュー
多義的な表現技法としてのラップ

【なみちえ】「外的要因に左右されたくない」複雑な現実をとらえる技法をラップに見いだした藝大生

+お気に入りに追加

――「おまえをにがす」と繰り返し、外来種のカメを川に逃すさまをラップする動画が話題となっている。そこに映し出された女性ラッパーは東京藝術大学の学生だというが、彼女は何を表現しようとしているのか?

1910_CMYK_DSC_2696_520.jpg
(写真/岩根 愛)

 今年の夏前、1分少しの短いYouTube動画がネット上で突如話題になった。アフリカ系の女性が川のほとりで“緊急対策外来種”のミドリガメ(正式名称:ミシシッピアカミミガメ)を手に持ち、「おまえをにがす」とラップする、インパクトのある動画だ。それは、“なみちえ”というアーティスト/ラッパーによるもの。ミーム的なキャッチーさがバズの要因のひとつではあるはずだが、それだけではない。ラップ・ミュージックとして高いクオリティーであると共に、“逃がす=ni**as”のダブル・ミーニングをテコにして、極めて多義的な意味の広がりを持つコンセプチュアルなアートとして精緻に組み立てられている。

 神奈川県茅ヶ崎市で生まれ育った彼女は、ガーナ出身のアカン族の父と、日本人の母の間に生まれ、現在は東京藝術大学に通っている。彼女と兄と妹の3兄妹からなるTAMURA KINGというヒップホップ・ユニットとして活動しており、くだんの動画を撮影したのは映像作家の兄である。普段は実家の隣の生活スペースを兼ねた制作スタジオで、兄妹で創作しながら過ごしている。

「みんな外に出るのが好きじゃないし、兄妹で大体のことができるので。それに、私には外に何かを求めるという発想がない。“外的要因”に左右されたくないんです」

 もの作りはずっと身近で、「手先が器用で基本的になんでもできた」という。幼い頃に母親の影響によって縫い物を始め、上画像で身につけている「よくわからない生物」の着ぐるみも自身の手による作品である。

「中学2年生のときに、初めて犬の着ぐるみを作りました。着ぐるみをかぶると自分のアイデンティティーをいったんかき消せるところが面白いと考えていたんです」

 一方で、ラップというアートフォームについてはどう考えているのか? 大学の学園祭をきっかけに作った最初のラップ曲も「国人ラップ」という巧みなタイトルで、フック(サビ)では「外見だけのイメージ/それで判断されちゃダメージ」と歌われる。

「着ぐるみを脱がなきゃいけない状況ってあると思うんです。ラップはそのときに必要になるもので、着ぐるみと正反対に、自分の身体と言葉で表現するものととらえています」

 確かに人は、“外的要因”に完全に左右されているわけでもなければ――他人をそうした目線で見ることは、ときに差別となる――、そこから完全に自由に生きることもできない。このとき、着ぐるみとラップという2つの表現方法に必然的な理由があったことが見えてくる。とはいえ、ラップが外界とじかに向き合うためのものであるとしても、なみちえは一般的なヒップホップのようにリアルな生き様やストレートなメッセージをラップしてはいない。より複雑な現実をとらえて表現するための技法を、ラップに見いだした。

「ラップに韻やダブル・ミーニングがあることは、すべての物事は一概には言えないってことを表してると思う」

 まさしくそうした技法の妙が凝縮された「おまえをにがす」の基本的なアイデアは、2年ほど前から頭にあった。

「日本人なのか外国人なのかわからない見た目の人が、『ゴーヤ苦 コーヒー苦』とか言ってる曲を作りたいねと兄妹と話していた。短い動画だけど、さまざまなコンセプトや文脈をうまく集約できた作品になってると思います」

 ただ、発表後の反響は予想を大きく超えたものだった。

「突然のことで、ペースを狂わされたところはあります。このままワクワクすることだけをしたいけど、魂が失われつつあるって感覚もある」

 しかし、その後でこうも語った。

「逆に言うと、それだけこの作品がみんなを狂わせたということ。狂わせ合いっこだから、これでよかったのかもしれません」

(文/韻踏み夫)
(写真/岩根 愛)

1910_P114-115_img001_200.jpg

なみちえ
クリエイター、ボーカリスト、詩人、ラッパー。1997年、神奈川県茅ヶ崎市生まれ。現在、東京藝術大学先端芸術表現科の4年生で、現代美術やコンセプチュアル・アートを学ぶ。単純に二分化されている知覚にグラデーションを起こすべく、着ぐるみなどの立体造形を中心にラップ、詩、歌、身体パフォーマンスをメディアに表現している。2019年5月にアップした、「おまえをにがす」とラップする動画が話題に。多摩美術大学とローザンヌ州立美術大学院を卒業した映像作家の兄NASA、ダンサーで法政大学の学生である妹MANAと共に、ヒップホップ・ユニットのTAMURA KINGとしても活動。リリースやライブなど最新情報はツイッター〈@namichi7373〉で確認すべし。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ