サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 指原莉乃“男解禁”で写真誌が密着マーク! フジテレビ局員と交際か?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

指原莉乃“男解禁”で写真誌が密着マーク! フジテレビ局員と交際か?

+お気に入りに追加
1812_sashihara.jpg『指原莉乃写真集 スキャンダル中毒 (講談社 MOOK)』(講談社)

 4月28日に横浜スタジアムで開催された『指原莉乃 卒業コンサート ~さよなら、指原莉乃~』でHKT48を卒業した指原莉乃。AKB48選抜総選挙では3連覇を含む4度の1位に輝くなど、グループの中でも歴代最強の女王の座に君臨した彼女だが、ブレークのきっかけとなったのが恋愛スキャンダルだったのだから皮肉なものだ。

「“卒業需要”も相まって、近頃はテレビ出演がまた増加しています。芸能界の女ご意見番としての存在感も増しており、今後も引き続きバラエティー界の顔役の一人として活躍していきそうです」(芸能記者)

 AKB48の黄金期を支えたメンバーでは、前田敦子、篠田麻里子、高橋みなみが結婚。小嶋陽菜はIT社長と、大島優子はアメリカ人男性との熱愛が報じられている。

「同グループでは“恋愛禁止”が暗黙のルールとされてきましたが、指原も卒業したことで晴れて『男解禁』となる。さっそく写真週刊誌や女性週刊誌が指原の張り込みを開始していますよ。実は、彼女については卒業前から『フジテレビのイケメンディレクターと交際している』『いや韓国の俳優と熱愛中らしい』といった情報が飛び交っていたのですが、過去に『週刊文春』にスッパ抜かれて痛い目を見ているせいか、ガードが固くて現場を押さえられなかった。しかし、卒業後はそのガードも緩む可能性もあり、そう遠くないうちに熱愛現場が激撮されるかもしれません」(週刊誌デスク)

 このところの指原といえば、「キレイになった」と“顔面変化”を指摘する声が多く聞かれるが、それは“施術”ではなく“恋”によるものかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報