サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 後藤真希の「オンライン不倫」にゲームファン歓喜!? 本田翼も“ワンチャン”あるのか
1903_goto.jpg『今の私は』(小学館)

 元モーニング娘。の後藤真希の不倫報道に一部の層が歓喜している。

 3月20日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は後藤の元恋人で不倫相手のB氏を直撃するとともに、2人が密会時に撮影していた2ショット写真や生々しいLINEのやりとりを公開している。

「直撃されたB氏が『DV夫から救いたいという一心でした』と語っているとおり、LINEの文面にもそれを示唆する記述が見受けられます。後藤の『また泣けてきた たすけて』『将来のプランたててみてね こんど聞かせて B大好き ほんとすき!』というメッセージから、夫のDVは実際にあったように思われ、後藤もB氏に本気で想いを寄せていたことが伺えます」(芸能記者)

 2人は2010年に人気オンラインゲーム『モンスターハンター』を通じて知り合い交際に発展。当時は数カ月で破局したものの、昨年1月に『モンハン』の新作がリリースされたのを機に再び連絡を取り合うようになり、不倫関係に至ったという。

「昨今の芸能界は、女性有名人はIT社長と熱愛するのがお決まりのパターンで、一般人には手が届かない世界だと思われていました。ところが、ゲーム好きというだけでアイドルと付き合えた人物がいたことで不倫以上に注目を浴びています」(芸能ライター)

 ゲームファンからも「夢のある話だなー」「オンラインゲームで出会った相手がアイドルって羨ましすぎる」といったコメントが連打され、「第2の後藤真希」を期待する声が溢れているという。

「後藤同様にゲーム好きとして知られる本田翼や最上もがとも『ワンチャンあるのでは』と、妄想を膨らませている人が多い。本田は過去に朝起きてから18時間もゲームをしていると明かしていたことも。また、最上もゲームプレイ時間が最長36時間、課金20万超であることを告白、夜通しネットゲームに興じる私生活を暴露しています。2人とも“ネトゲ廃人”レベルのゲームマニアですから、オンラインゲームで意気投合すれば落とせる可能性はゼロではなさそう(笑)」(同)

 オンラインゲームが「恋活」の最先端になっていくのかも?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』