サイゾーpremium  > インタビュー  > 【舐達麻】シーンをかき回す熊谷のラッパー
インタビュー
己を突き詰めていくまっすぐさが滾る音楽を作り出す

【舐達麻】埼玉県熊谷市から現れたヒップホップ・グループは、無頼漢か、天才か――。

+お気に入りに追加

――「久々に滾る音楽に出会えた」――そんな言葉をほしいままにしている舐達麻。彼らが生み出すサウンドは、懐かしくも洗練されたハイブリッドなヒップホップだ。

1902_4H2A0425_CMYK_520.jpg
(写真/黒瀬康之)

 一昔前、ヒップホップという音楽を評する際は出自やビジュアル、どこのクルーに属しているかなどの前情報がジャッジを邪魔することがあった。しかしヒップホップ、初期衝動に従って直感的に「かっこいい」と感じる音楽をディグって(探して)いきたい。そんな衝動を突き動かしてくれるのが舐達麻だ。メンバーはラッパーの賽 a.k.a. BAD SAI KUSH(写真左)/G PLANTS(写真右)/DELTA9KID(写真中央)/D BUBBLES(現在、服役中)に加え、プロデューサーのNaiChopLawとDJのMONDで構成される(不慮の事故で亡くなった1.0.4.もメンバーのひとりだ)。また、彼らと共鳴し合う面々を率い〈APHRODITE GANG〉なるクルーとしても活動している。

 舐達麻のサウンドは、90年代のヒップホップ黄金期を彷彿とさせるが、懐古主義なだけではない。時代の空気感を切り取ったトラック、「事実は小説より奇なり」よろしく、大麻でハスリンする実体験を乗せたリアルなリリックも刺激的に映る。そんな彼らがヒップホップにのめり込んだ理由とはなんだったのか? ラッパー3人に話を聞いた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載