サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 菜々緒と間宮祥太朗が2019年にゴールイン?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

菜々緒と間宮祥太朗が2019年にゴールイン? 「そうなったらショック!」とファン悲鳴

+お気に入りに追加
1901_mamiya.jpg『間宮祥太朗 1st PHOTO BOOK 『 未熟者 』』(ワニブックス)

「まさか、ドラマの放送中ってことはないよね?」

 1月17日にスタートする杉咲花主演のドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)に出演するイケメン俳優・間宮祥太朗の動向にネット上がざわついている。

 きっかけは、昨年12月28日に放送された情報番組『グッディ!』(フジテレビ系)の内容。番組では芸能ジャーナリストたちが、2019年世間を賑わす芸能人カップルを予想したのだが、その中で、「股下85cmの超絶美脚女優のNと、元朝ドラ俳優のM・Sが結婚する可能性がある」と伝えたのだ。

「美脚女優ということでNは菜々緒、そしてM・Sのほうはパネルの半分が青いという大ヒントがあったことで、NHK朝ドラ『半分、青い。』に出演していた間宮で間違いないでしょう。2人は13年のドラマ『ミス・パイロット』(フジテレビ系)で共演し仲を深め、15年には『女性セブン』(小学館)で“お泊まり”が報じられていました。当時、2人は交際を否定していましたが、現在も交際が続いていたということでしょう」(芸能記者)

 25歳のイケメン俳優が人気絶頂時に結婚を発表すれば、話題を呼ぶことは確実。ドラマの視聴率アップにもつながりそうなだけに、ファンもやきもきしているようだ。

 そんな中、もし2人が結婚となれば「間宮は間違いなく菜々緒の尻に敷かれる」と言って女性誌記者が続ける。

「菜々緒は間宮の前にJOYと交際していました。しかし、JOYがグラドルとの浮気が発覚。その直前のSNSで菜々緒は『クソ野郎』『消えやがれ!』などと罵倒を続けていました。また、ある番組では、過去の交際相手の浮気を『泳がせていた』ことを告白。ケータイの暗証番号が疑っていた相手の誕生日だったのを突き止め、浮気を確信。調べたところ『クロ』だった明かしました。間宮の行動も常日頃から監視されていそうですね」

 浮気が発覚して菜々緒から回し蹴りされるのなら、それはそれでうらやましい!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』