サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 『あいのり』が“テレビ史上最大の放送事故”に……「完全な傷害事件!」
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

『あいのり』が“テレビ史上最大の放送事故”に……「完全な傷害事件!」

+お気に入りに追加
1812_ainori.jpg『あいのり卒業アルバム―恋愛観察バラエティー ラブワゴンを愛した人たちへ』(学習研究社)

 昨今はバラエティ番組の“やらせ”が世間をざわつかせているが、ガチでやるとトラブルが起きる見本となったのではないだろうか。

 番組冒頭で「これからの映像は精神的なストレスを感じられる方もいらっしゃる可能性があります。また小さいお子様がご覧になる時は、なるべく保護者の方もご一緒いただくようお願い致します」と、バラエティ番組としては異例の字幕が挿入されたのが、Netflixで先行配信されている恋愛バラエティ番組『あいのり:Asian Journey』(フジテレビ系)だ。

 12月上旬に公開された第6話を観た視聴者からは、「胸糞悪い」「山手線のサラリーマンの喧嘩を目撃した後の様な不快感」「ヤ〇ザにしか見えんかった」「テレビ史上最大の放送事故」といった辛らつな感想が連打されている。

「視聴者から袋叩きとなっているのは、女性メンバーの“でっぱりん”です。おとなしい他の女性メンバーの頼りなさに激怒し、説教を始めたうえ、そのメンバーには“でっぱりん”への敵意がないにもかかわらず、怒りが収まらずに暴行に及んだのです。メンバーと番組ディレクターが抑えにかかるも、エンジンがかかってしまい、最終的には道端で暴れ始めて収拾がつかなくなる始末。聞くに堪えない暴言や暴力、絶叫シーンがひたすら続き、現地の警察も出動する事態に。メンバーがPTSDを発症し、旅を続けられなくなる深刻事態となりました」(テレビ誌ライター)

『あいのり』といえば、旅とピュアな恋愛を楽しむ番組だったはずだが……。

「最近の内容は“でっぱりん”のマジギレばかりで、胃もたれがしますね。ピュアとは真逆の内容です。しかも、Netflixは有料配信ですから、『こちとら、ケンカ見るために金払ってるんじゃないんだ』との怒りの声も聞かれます。今回の暴行は完全に傷害事件レベルだったこともあり、笑顔を浮かべてスタジオで甘口トークをしていたベッキーにも、視聴者の怒りが飛び火して。SNSで批判を浴びています」(芸能ライター)

 やはり、バラエティには「台本」が必要なのかもしれない!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』