サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > とろサーモン・久保田に“強力援軍”現る!? 上沼恵美子を「痛烈批判」したアノ芸人

1812_kubota.jpg

「自分の感情だけで審査せんといてください。おまえだよ、わかんだろ。右側のな、クソが!」

「右のオバハンにはみんなうんざりすよ。(審査で)“嫌いです”と言われたら更年期障害か? って思いますよね」

 12月2日に行われた『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)の打ち上げで、昨年王者のとろサーモン・久保田かずのぶと今年のファイナリストであるスーパーマラドーナ・武智が酒に酔った勢いで、インスタライブの動画で上沼恵美子の審査姿勢をコキ下ろした件が波紋を広げている。

「上沼はラジオ番組で『私みたいな、こんな年寄りがね、ポンっと座って偉そうにしている場合ではないんですよ』と審査員引退を宣言しましたが、その後に、この件を知って大激怒。2人が所属する吉本興業が謝罪する事態に発展しています。今田耕司や博多大吉ら、先輩たちもすぐに苦言を呈していましたが、ダウンタウンの松本人志が年末特番の会見で、この騒動に触れられずにいたことが深刻さを物語っています。関西で絶大なる力を持つ上沼だけに、今後、久保田と武智は関西では仕事ができなくなる可能性もありそうです」(お笑い関係者)

 上沼といえば、ここ数年は『M-1』審査員の常連だったが、昨年もマヂカルラブリーに対して、「一生懸命やってるのは分かるけど、好みじゃない。よう決勝残ったなと思って」と辛口のコメントをして、ネット上では「怖い」「言い過ぎ」と批判を浴びている。

 そんな中、12月3日に放送されたバラエティ番組『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(AbemaTV)でも、上沼の審査に不満を漏らした芸人がいたという。

「ハライチの岩井勇気です。上沼がファイナリストのギャロップを『自虐ネタはウケない』と酷評していたことに『自虐は基本ウケないって、なんなんですかね、あれ』とコメント。さらに、上沼が引退を表明していることも、『上沼さんが引退ってのだけ解せないですよね。辞めるんだったら、今までの全部、ダメってことだったのかな?』と納得いかない様子を見せていました」(芸能ライター)

 上沼がもう少し早く引退していたら、ブレークした芸人の顔ぶれは今とは違っていたかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載